瀧安治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
瀧 安治
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県静岡市緑町
生年月日 1941年2月11日
没年月日 (2003-11-19) 2003年11月19日(満62歳没)
身長
体重
174 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1964年
初出場 1964年3月20日
最終出場 1973年10月16日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 読売ジャイアンツ (1974 - 1977, 1989)

瀧 安治(たき やすはる、1941年2月11日 - 2003年11月19日)は、静岡県静岡市出身の元プロ野球選手二塁手)。実兄に阪神捕手であった瀧英男がいる。

来歴・人物[編集]

静岡県静岡市出身。兄と同じ静岡商に入学するが、甲子園には出場できなかった。関東学院大学に進学し、横浜五大学リーグでは在学中3度優勝。卒業後は三菱重工川崎に入社。

1964年巨人入団。二塁手を中心に内野のスーパーサブとして活躍。 意外性のある打撃とガッツあふれるプレーで巨人の9連覇(V9)に貢献した。主に土井正三黒江透修の控えとして活躍した。1965年5月の広島カープ戦で瀧が放った打球は安仁屋宗八投手の膝を直撃し、跳ね返った打球を捕手が捕球したため瀧に捕直(キャッチャーライナー)が記録された。これは2012年現在、唯一の記録[1]1970年には開幕直後から二塁手遊撃手として起用され、53試合に先発出場。シーズン後半は出番が減るものの打率.217、本塁打4本を記録した。同年のロッテオリオンズとの日本シリーズでも遊撃手、代打として2試合に出場している。しかし翌年から上田武司ユーティリティプレイヤーとして台頭、出場機会が減り1973年限りで現役引退。

引退後は巨人の二軍守備コーチ(1974年)、二軍守備・走塁コーチ(1975年 - 1977年)、野球評論家を経て、藤田元司監督が復帰した1989年、巨人の一軍内野守備コーチに就任。2年ぶりのリーグ優勝と8年ぶりの日本一に貢献したが、1年で辞任。その後は評論家のかたわら、少年野球の指導に全精力を注いだ。NHK・BSの解説者をつとめたが、実況アナウンサーなしで解説を行なうなど、新境地へのチャレンジ精神もうかがえた。

評論家時代には文藝春秋の『Sports Graphic Number』のレギュラー執筆者として活躍、巨人の選手としての経験を活かし様々な裏話などを披露した。

2003年11月19日肝硬変のため東京都港区の病院で死去。62歳没。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1964 巨人 50 97 90 4 15 2 0 1 20 5 2 0 0 0 6 0 1 11 1 .167 .227 .222 .449
1965 25 44 43 2 6 2 0 0 8 1 1 0 0 0 1 0 0 9 2 .140 .159 .186 .345
1966 18 19 18 4 5 1 1 0 8 2 1 0 0 0 1 0 0 5 0 .278 .316 .444 .760
1967 13 30 27 6 7 0 0 3 16 5 0 1 0 0 3 0 0 6 1 .259 .333 .593 .926
1968 46 85 78 12 17 3 0 3 29 8 1 0 2 1 3 0 1 14 1 .218 .256 .372 .628
1969 47 83 74 10 12 3 0 1 18 5 1 0 2 0 7 0 0 10 1 .162 .235 .243 .478
1970 99 233 207 22 45 4 4 4 69 17 2 5 5 3 17 0 1 35 4 .217 .280 .333 .613
1971 52 59 52 3 4 0 0 1 7 3 0 0 0 1 4 0 2 11 3 .077 .172 .135 .307
1972 63 76 64 8 14 2 2 2 26 8 2 0 2 0 9 1 1 12 5 .219 .324 .406 .731
1973 43 14 12 2 1 0 0 0 1 1 0 0 1 0 1 0 0 7 0 .083 .154 .083 .237
通算:10年 456 740 665 73 126 17 7 15 202 55 10 6 12 5 52 1 6 120 18 .189 .254 .304 .558

記録[編集]

背番号[編集]

  • 32 (1964年 - 1969年)
  • 12 (1970年 - 1973年)
  • 83 (1974年)
  • 81 (1975年 - 1977年)
  • 71 (1989年)

関連情報[編集]

著書[編集]

  • 巨人軍これだけは知ってはならない―巨人軍に15年初めて明かす秘密事項(青春出版社1990年5月)ISBN 4413015258

脚注[編集]

  1. ^ 週刊ポスト2012年8月3日号

関連項目[編集]