瀧川資言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

瀧川 資言(たきがわ すけのぶ、慶応元年11月12日1865年12月29日) - 1946年昭和21年)2月23日)は、日本の漢学者。戸籍名は龜太郎、字は資言、号は君山。『史記会注考証』(『史記』の注釈書)を編纂したことで知られる。

生涯[編集]

1865年(慶応元年)11月12日に出雲国島根郡(現・松江市中原町[1])にて士族であった杢之丞の長男として生を受けた。1887年明治20年)、東京帝国大学古典講習科卒業。1897年(明治30年)に第二高等学校教授、1926年大正15年)に大東文化学院教授となる。1931年昭和6年)、東北帝国大学より文学博士の学位を授与される。1946年(昭和21年)2月23日、逝去。戒名は龜鏡院君山自秀居士。

東京および仙台に居住することが多かったが、1945年(昭和20年)3月31日からは戦火を逃れるため郷里の松江市に疎開した。同市北堀町に彼が晩年を過ごした武家屋敷の旧宅(伝、塩見小兵衛邸)が現存している。博覧強記で、取材に訪れた新聞記者を驚かせ、著作の『史記会注考証』の署名は「日本出雲瀧川資言」である。

「瀧川氏系図」によれば、戦国時代の武将滝川一益の兄であった瀧川範勝(瀧城主)は、松平出雲守大番四番組瀧川資信の四世前の祖とされ、その瀧川資信を瀧川氏元祖として、資言は十世にあたるとされる。

著書[編集]

  • 『支那史』市村瓚次郎共纂著 吉川半七 1891-92
  • 『高等漢文標註近古文鈔』編 金港堂 1913
  • 『纂評論語集註』編 金港堂 1913
  • 『審定十八史略鈔』編 金港堂書籍 1928
  • 『審定日本外史鈔』編 金港堂書籍 1928
  • 『審定孟子鈔』編 金港堂書籍 1928
  • 『審定論語鈔』編 金港堂書籍 1928
  • 司馬遷史記会注考証』裴駰集解 司馬貞索隠 張守節正義 東方文化学院東京研究所 1934
  • 『史記会注考証 孔子世家』東方文化学院東京研究所 1935
  • 『史記会注考証 仲尼弟子列伝』東方文化学院東京研究所 1935
  • 『史記会注考証 伯夷列伝・管晏列伝・老荘申韓列伝』東方文化学院東京研究所 1935
  • 黄堅『纂標古文真宝前集』松雲堂書店 1937
  • 『史記会注考証 太史公自序』東方文化学院東京研究所 1937
  • 『史記会注考証 孟子荀卿列伝・孟嘗君列伝』東方文化学院東京研究所 1937
  • 『史記会注考証 項羽本紀・留侯世家・伯夷列伝・魏公子列伝・淮陰侯列伝』東方文化学院 1939
  • 孝経 附・古文孝経』玄宗皇帝注 纂標 松雲堂書店 1940
  • 『纂標唐宋八家文読本鈔』編 東京開成館 1941
  • 『史記会注考証』史記会注考証校補刊行会 1956
  • 大學中庸章句 纂標』松雲堂書店
  • 『訓注・史記會注考證』考證 石川梅次郎・原田種成訓注 松雲書院 1977

脚注[編集]

  1. ^ 松江市史講座 松江市 2019年12月28日閲覧。

参考文献[編集]

  • 水沢利忠『史記会注考証校補』巻九所載「瀧川氏系図」および「瀧川龜太郎博士年譜」(183-197頁. 史記会注考証校補刊行会 昭和45年)

関連項目[編集]