瀧澤甲子彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

瀧澤 甲子彦(たきざわ かしお、1924年大正13年) - ?)は、日本フィギュアスケート選手(ペアスケーティング・男子シングル)。パートナーは西邑二三子。元日本スケート連盟理事。1995年全日本フィギュアスケート選手権優勝。新潟県出身[1]慶應義塾大学卒業。

経歴[編集]

新潟県出身。1935年、小学校5年生のときにスケートを始める。1945年9月慶應義塾大学卒業。1947年全日本ジュニア選手権の男子シングルで小林正水に続いて2位に入る。1955年には西邑二三子とカップルを組み、全日本選手権に出場し全日本の初代チャンピオンに輝いた[2]1956年に選手を引退する。

引退後は東京とスケート連盟のフィギュア部長、日本スケート連盟のフィギュア普及部長、理事などを歴任[3]1986年には成美堂出版より『君も名選手になれる スケート教室』を出版[4]

主な戦績[編集]

  • 1947-48シーズンは男子シングル。
  • 1955-56シーズンはペア。
大会/年 1947-48 1955-56
全日本選手権 1
全日本ジュニア選手権 2

著書[編集]

  • 『スケート教室 フィギュア・スピード・アイスホッケー 君も名選手になれる』(1986年12月成美堂出版、ISBN 4415012329)
  • 『スケート教室 フィギュア・スピード・アイスホッケー』(1994年10月成美堂出版、ISBN 4415012973)

脚注[編集]

  1. ^ 第36回大会~第43回大会 - Nexyz.BB
  2. ^ 日本スケート連盟 フィギュア記録 ペア
  3. ^ 日本スケート連盟 インフォメーション
  4. ^ CiNii図書