瀧野由美子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
たきの ゆみこ
瀧野 由美子
Yumiko Takino.jpg
2019年8月27日撮影
プロフィール
愛称 ゆみりん
生年月日 1997年9月24日
現年齢 23歳
出身地 日本の旗 日本山口県
血液型 O型
公称サイズ(2018年[1]時点)
身長 164 cm
活動
デビュー 2017年5月3日
ジャンル アイドル
所属グループ STU48
活動期間 2017年 -
事務所 Mama&Son
公式サイト STU48 > 瀧野由美子
主な楽曲瀬戸内の声
暗闇
アイドル: テンプレート - カテゴリ

瀧野 由美子(たきの ゆみこ、1997年平成9年〉9月24日 - )は、日本アイドルであり、女性アイドルグループ・STU48のメンバー。香川県生まれ[2]山口県出身、広島県在住[3]山口県立防府西高等学校卒業[4]Mama&Son所属。身長164 cm[1]。血液型はO型[5]

略歴[編集]

STU48加入以前[編集]

小学生の頃に、テレビで可愛い服を着てキラキラしているアイドルを見て素敵だなと思ったことをきっかけに、アイドルを志すようになる[6]

同じく小学生時代、中学生だった姉のマーチングバンドの練習を観に行き、サックスと出会う(姉はユーフォニウム担当)。以後、早くサックスを吹きたいと思い続け、中学校進学後に吹奏楽部に入部、アルトサックスを始める。中学2年生の時に転校した先の中学でも吹奏楽部に入部し、アルトサックスを続けた。この時、ヤマハのサックスを購入し、初めて自分の楽器を手にする。吹奏楽強豪校に進学した姉の吹奏楽部の演奏に刺激を受け、同じ高校に進学しアルトサックスを続ける。同高校では始発で通学し朝練、昼休憩に昼練、放課後に部活の練習が終わった後も個人練習をするほか、片道約2時間半かけて個人レッスンに通うなどサックス漬けの高校生活を送った。高校2年から愛器はセルマーシリーズII。もっとサックスを学びたいと大学への進学を目指す[7][8]。高校3年時には、吹奏楽部内2チームのうち1チームのリーダーを務めた[9]

2016年春頃、エリザベト音楽大学入学と同時に山口県から広島県に引越してきた[3][10][11]。入学後はマツダスタジアムでビールの売り子のアルバイトをしており、売り上げは常にベスト3に入っていた[3][12][13]

2017年[編集]

3月19日、 STU48第1期生オーディションの最終審査を通過し、仮合格者となる(応募総数8,061人、最終合格者31人)[14]。オーディションではディズニー映画塔の上のラプンツェル』の劇中歌「輝く未来」を歌った[15]。瀧野にとって人生初のオーディションであり、〝最初で最後〟と決めていたという[16]。オーディションを受けることを決意したのは広島の大学進学がきっかけであり、STU48瀬戸内を拠点としていなかったらアイドルのオーディションを受けていなかったと思うと語っている[17]

4月25日、AKB48の49thシングルの選抜メンバーを決める『第9回AKB48選抜総選挙』の公式本「AKB48総選挙公式ガイドブック2017」(講談社・2017年5月17日発売)の名物企画「#注目の100人」のメンバーに選ばれた[18]

5月3日、広島市で開幕した『2017ひろしまフラワーフェスティバル』のステージにおいて、STU48としてお披露目された[19]

5月31日発売(2017年6月14日号〈2017年26号〉)の「週刊少年マガジン」で漫画誌初登場にして初の単独表紙を飾った。最終審査に合格してから73日での表紙デビューは、漫画誌の表紙としてはAKB48グループ乃木坂46欅坂46の歴代メンバー最速である[20]。続けて、「別冊カドカワ」(6月8日発売)でも単独表紙を務めた[21]

6月3日、初のSTU48単独ライブをおかやま未来ホールで行い、自身がセンターを務めるSTU48初のオリジナル曲「瀬戸内の声」を初披露するなど5曲を披露した[22]

7月8日、STU48のデビューシングル「暗闇」(2018年1月31日発売)の選抜メンバー16人が動画配信サイト「SHOWROOM」で発表され、センターを務めることが発表された[23]。楽曲のセンターを務めるのは、AKB48の48thシングル「願いごとの持ち腐れ」劇場盤のカップリングに収録されている「瀬戸内の声」に続き、2作目となる[23]

8月30日、『KANSAI COLLECTION 2017 AUTUMN&WINTER』のランウェイにモデルとして出演した[24]

9月10日、AKB48が11月22日に発売する50thシングル「11月のアンクレット」で、初めてAKB48のシングル選抜メンバーに選出されたことが発表された[25]。同作のType Aに収録されているSTU48のオリジナル曲「思い出せてよかった」では3作目となるセンターを務めた[26]

12月31日、『第68回NHK紅白歌合戦』にAKB48として出演した[27]

2018年[編集]

1月8日、神田明神で行われたAKB48グループの成人式に新成人として参加した。20歳の意気込みを訊かれ、「2018年はSTU48のデビューの年。先輩たちに負けないグループを1年間で作っていきたい。私はまだこの世界に入って1年経っていませんが、いろんな経験させてもらいました。その経験を踏まえて、この瀬戸内の良さ、STU48の魅力を皆さんに伝えられたら」と答えた[28]

1月20日、TOKYO DOME CITY HALLで行われた『AKB48グループ リクエストアワー セットリストベスト100 2018』2日目にて、AKB48が3月14日に発売する51stシングル「ジャーバージャ」の選抜メンバーに選出されたことが発表された[29]。同作のType A・B・C・劇場盤に収録されているSTU48のオリジナル曲「ペダルと車輪と来た道と」ではセンターを務めた[30]

4月13日、STU48選抜メンバー9人による新グループCGB41として『クリーム玄米ブラン』のテレビCMに出演することが発表された。瀧野がセンターを務めるオリジナル曲「夢力」がCM内で披露され、4月22日より配信リリースされることも決定した[31][32]

6月16日、『AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙』の開票イベントでは、STU48の生え抜きメンバーで最上位となる74位にランクインし、アップカミングガールズに選出された[33]

6月17日、ナゴヤドームで行われた『世界選抜総選挙 御礼大握手会』にて、STU48の2ndシングル(2019年2月13日発売予定 [34])選抜メンバー16人が発表され、1stシングルに続き瀧野がセンターを務めることが決定した[35][36]。STU48名義の楽曲としては通算5作連続のセンターとなる。

7月25日、初の連続ドラマ『マジムリ学園』(日本テレビ)出演を機に、STU48の生え抜きメンバーで初めてTwitterの公式個人アカウント[37]を開設した[38][39][40]

8月8日、マツダスタジアムで行われた広島東洋カープ×中日ドラゴンズ戦で自身初の始球式を務めた[41][42][43][44][注 1]

9月16日、『GirlsAward 2018 AUTUMN/WINTER』のランウェイにモデルとして出演した[45]

10月5日、楽天生命パーク宮城で行われた東北楽天ゴールデンイーグルス×千葉ロッテマリーンズ戦で始球式を務めた[46]

10月14日、初の単独冠番組『STU48瀧野由美子の恋する青春48きっぷ〜0系からリニアまで!新幹線全制覇プロジェクト〜』(テレ朝チャンネル1)に出演[47][48][49]

10月19日、舞台版「マジムリ学園」で舞台初出演。

2020年[編集]

3月28日、ニコニコ動画での「STU48 3周年生放送」内で、Mama&Son所属の向井地美音からのメッセージで、STUから移籍して4月よりMama&Sonに所属することが発表された[50]

6月26日、YouTube予備校「ただよび」内で、大学受験に再び臨むことを発表した。STUメンバーとしての活動は継続し、勉強との両立を図るとしている[51][52]

10月18日放送の「STU48イ申テレビ 緊急企画 ファンが 決めちゃうユニット発表SP」(ファミリー劇場CLUB)内で開票された「ファンが決めちゃうSTU48 6thシングルカップリングユニット」では4位となり、メンバー入りを果たした[53]

2021年[編集]

9月22日、ファースト写真集『君のことをまだよく知らない』(講談社)を発売予定[54][55][56]。通常版のほか、「Amazon」「楽天ブックス」「セブンネット」それぞれの限定表紙版が発売される[57]

人物[編集]

愛称は、ゆみりん[58]。チャームポイントは黒目[59]

瀧野の漫画誌初表紙となった週刊少年マガジンNo.26(2017年6月14日号)の撮影を手掛けたカメラマンのTakeo Dec. は、瀧野について「透明感という言葉はグラビアではよく使われる言葉だが、彼女の“透明感”はそれの一つ、二つ上をいく強さを併せ持つ、別次元のものに感じた。こんな子がまだいるんだなと、久々にうれしくなった存在」と評した[20]

出版関係者から「清楚なルックス」と称される一方で数々の天然エピソードも発覚しており[60][61]、瀧野本人も「結構〝抜けてる〟ところがある」と自覚している[16]

岡田奈々は、「ゆみりんは、誠実で面白い子です。かわいくて、スタイルがいいし、ちゃんと自分の気持ちをみんなに伝えられるので、センターに合うと思います」「マイペースなんですけど、言うべきことは言うし、仕事に対する意識がめちゃくちゃ高いです」と述べている[62][63]

座右の銘は「プロとは、その道での苦労を楽しめるということ」[64]

キャッチフレーズは「ゆーみりん!ゆーみりん!ゆーみりん!(おーっ!)ゆみりんエネルギーチャージ完了!はい、21歳の山口県出身、ゆみりんこと瀧野由美子です!」[58]

「あんこ」という名前の(メス)を飼っている[64]

特技[編集]

特技はサックス[5]。サックスに一目ぼれしたことをきっかけに中学・高校と吹奏楽部に所属し、大学でもサックスを学んでいる[60][8]。本人は「サックスの演奏会に出ることで、技術的にはもちろん、仲間の大切さなども学ぶことができました!」と述べている[10]。STU48劇場支配人の山本学にも「サックスの腕前は、はっきり言ってプロ級。今後の活躍に期待が高まるメンバーです」と評されている[10]。2017年12月10日にTOKYO DOME CITY HALLで行われた『第7回AKB48紅白対抗歌合戦』では、ソロでサックスの生演奏を披露した[65]

オセロ中国地方1位になり[16]、全国大会に出場した経験を持つ[10]

趣味[編集]

趣味は鉄道鑑賞[5]AKB48グループでは、元SKE48松井玲奈と同じく大の鉄道ファンであり[66]、「新幹線大好きアイドル」として紹介されたこともある[67]

鉄道好きな父親の影響もあり、家族で車両基地フェスタや鉄道博物館などによく行くうちに興味を持った[68][69]。特にSLやまぐちが好きで、瀬戸内でオススメのものに挙げている[5][66]。好きな新幹線は500系[66]

嗜好[編集]

好きな食べ物は尾道ラーメンマンゴー生クリーム[5]。よく聴く音楽のジャンルは吹奏楽[64]。好きな本は岩本隆雄の『星虫[59]。好きな映画は『海猿』、『恋空』、『オペラ座の怪人[59]。好きな漫画・アニメは『コジコジ』、『名探偵コナン』、『恋空』、『花より男子[59]

好きな色は水色[64]。好きなスポーツはスキー[64]。好きな動物は犬[64]。好きな季節は[64]

尊敬するメンバーは岡田奈々[58]

STU48・AKB48での参加楽曲[編集]

シングル選抜楽曲[編集]

STU48名義

AKB48名義

アルバム選抜楽曲[編集]

AKB48名義

出演[編集]

テレビ[編集]

  • 鯉のはなシアター(広島ホームテレビ
    • 「今村猛 その胸に秘めたチーム愛」(2017年7月6日)
    • 「長野久義と妻が歩んだ84日間の移籍劇の裏側」「増える!カープを愛する外国人 第2弾」(2019年5月27日)
    • 「新人王・森下暢仁に息づく男たちの絆」「石原慶幸が鯉に捧げた19年」(2020年12月31日)
  • マジムリ学園(2018年7月26日 - 9月27日、日本テレビ[注 2] - 荒地工業高校2年 卍 / 松本聖子 役[70]
  • STU48瀧野由美子の恋する青春48きっぷ〜0系からリニアまで!新幹線全制覇プロジェクト〜(2018年10月14日、テレ朝チャンネル1[49]
  • 熱血テレビ(2021年1月 - 、山口放送) - レギュラーリポート[71]

ラジオ[編集]

CM[編集]

舞台[編集]

  • 舞台版「マジムリ学園」(2018年10月19日、日本青年館ホール
  • 仁義なき戦い 彼女(おんな)たちの死闘篇(2019年11月、博多座) - 若杉寛(梅宮辰夫)役

イベント[編集]

ネット配信[編集]

  • 瀧野由美子のI LOVE MNJ(2019年11月9日、cookpadlive)[74]

写真集[編集]

  • STU48 瀧野由美子1st写真集「君のことをまだよく知らない」(2021年9月22日予定、講談社)[54][55][56]

プロデュース[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 瀧野は「STU」の名前が入った背番号48のカープユニフォームと赤い靴下を着用。捕手は會澤翼選手、バッターは大島洋平選手、審判はスラィリードアラが務めた。
  2. ^ 初回放送終了後、動画配信サービス「Hulu」にて独占先行配信スタート(初回は第1話、第2話同時配信)。

出典[編集]

  1. ^ a b 『AKB48総選挙公式ガイドブック2018』講談社、2018年5月16日、170頁。
  2. ^ “STU48号が高松港初寄港でセレモニー 地元出身・福田さん「瀬戸内や香川に貢献できるグループに」”. 徳島新聞電子版 (徳島新聞社). (2019年5月11日). https://www.topics.or.jp/articles/-/200253 2019年6月6日閲覧。 
  3. ^ a b c “STU初代センター・瀧野 広島の“売り子女王”だった”. デイリースポーツ online (デイリースポーツ). (2017年8月10日). オリジナルの2017年8月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170810142117/https://www.daily.co.jp/gossip/2017/08/10/0010451767.shtml 2017年8月11日閲覧。 
  4. ^ 瀧野 由美子 [@stu48_yumianko] (2020年8月16日). "#24時間テレビ 私の母校でもある 防府西高校吹奏楽部が 当日 生演奏します ! OGとして一緒にテレビに出れる日が 来るとは思わなかった~~ !! 😌✊ 感謝です! 当日の演奏、ワクワク ~~ 🙂🎷 #KRY #山口放送" (ツイート). Twitterより2021年8月30日閲覧
  5. ^ a b c d e 瀧野 由美子 | STU48 OFFICIAL WEB SITE
  6. ^ “STU瀧野由美子に“女優向き”の声「そういう道もあるかな」”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2017年9月3日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/09/03/kiji/20170902s00041000425000c.html 2017年9月11日閲覧。 
  7. ^ 『サウンドを楽しむためのサックス専門誌 THE SAX(ザ・サックス) vol.88』2018年5月号、アルソ出版、2018年3月24日、2-7頁。
  8. ^ a b THE SAX vol.88 Cover Story「瀧野由美子 from STU48 〜アイドル界に現れた本格的サックス女子」”. THE SAX ONLINE (2018年3月24日). 2018年3月24日閲覧。
  9. ^ 「STU48瀧野由美子 私の知らない私」『Platinum FLASH Vo.1』光文社、2017年10月30日、71頁。
  10. ^ a b c d 『AKB48総選挙公式ガイドブック2017』講談社、2017年5月17日、171頁。
  11. ^ “STU瀧野由美子“天然”キャラが目指す何でもできるアイドル”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2017年9月3日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/09/03/kiji/20170902s00041000420000c.html 2017年9月4日閲覧。 
  12. ^ “STU瀧野、加入前に球場で売り子のバイト”. 日テレNEWS24 (日本テレビ). (2017年8月11日). オリジナルの2017年8月12日時点におけるアーカイブ。. http://archive.fo/2ra9U 2017年8月12日閲覧。 
  13. ^ “STUセンター瀧野「ビール売り子」矢野は「坦坦麺専門店の看板娘」だった”. 東スポWeb (東京スポーツ). (2017年8月10日). オリジナルの2017年8月11日時点におけるアーカイブ。. http://archive.fo/bP3Wq 2017年8月11日閲覧。 
  14. ^ “STU48の最終審査通過者44人を発表…姉妹グループ最多CDデビューも決定”. デイリースポーツ online (デイリースポーツ). (2017年3月19日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/03/19/0010015451.shtml 2017年6月7日閲覧。 
  15. ^ STU48第1期生31人 最終オーディション風景【3/4】 (YouTube). 徳島新聞動画 TPV.. (2017年4月5日). http://www.youtube.com/watch?v=O9AoALNfFU4 2017年4月10日閲覧。 
  16. ^ a b c 「STU48 最速グループの目指す場所」『EX大衆』2017年9月号、双葉社、2017年8月12日、22頁。
  17. ^ “「Coming Next Artists」第21回 STU48”. 音楽ナタリー. (2018年2月13日). https://natalie.mu/music/pp/cna_stu48 2018年2月13日閲覧。 
  18. ^ “「AKB48総選挙」公式ガイド、注目の100人決定 SNS話題で昨年以上の反響に”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年4月25日). https://www.oricon.co.jp/news/2089753/full/ 2018年8月19日閲覧。 
  19. ^ “STU48初舞台 ファン熱い声援”. 中国新聞アルファ (中国新聞社). (2017年5月4日). オリジナルの2017年5月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170504035457/https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=339457&comment_sub_id=0&category_id=112 2018年8月19日閲覧。 
  20. ^ a b “最終審査から73日!STU瀧野由美子、AKB&坂道史上最速表紙”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2017年5月31日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/05/31/kiji/20170530s00041000346000c.html 2017年6月7日閲覧。 
  21. ^ “STU48瀧野由美子表紙の「別冊カドカワ」48グループ総力特集”. ドワンゴジェイピーnews. (2017年6月7日). https://news.dwango.jp/idol/22353-1706 2017年6月17日閲覧。 
  22. ^ “STU48初の単独ライブ 初代センター瀧野ら涙”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2017年6月3日). https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1834490.html 2017年6月7日閲覧。 
  23. ^ a b “瀧野由美子、「STU48」デビュー曲でセンター抜てき”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2017年7月9日). オリジナルの2017年7月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170710043412/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170708-OHT1T50294.html 2018年8月19日閲覧。 
  24. ^ “STU48、初出場で弾ける!「会いたかった」「大声ダイヤモンド」もパフォーマンス<関コレ2017A/W>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年8月30日). https://mdpr.jp/music/detail/1710752 2017年9月10日閲覧。 
  25. ^ “STU48初の単独ライブ 初代センター瀧野ら涙”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年9月10日). https://mdpr.jp/music/detail/1713401 2017年9月11日閲覧。 
  26. ^ “【MV】思い出せてよかった short.ver / STU48[公式]”. ※センター表記は動画概要欄参照 (STU.). (2017年11月6日). http://www.youtube.com/watch?v=J4DSoKUbM0g 2017年11月6日閲覧。 
  27. ^ “AKB48「紅白歌合戦」歌唱曲は視聴者投票で決定、選抜メンバーも発表”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年12月4日). https://natalie.mu/music/news/259529 2018年7月8日閲覧。 
  28. ^ “STU48、新成人の岡田奈々&瀧野由美子が意気込み「瀬戸内の魅力を全国に」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年1月8日). https://www.oricon.co.jp/news/2103748/full/ 2017年2月5日閲覧。 
  29. ^ “【エンタがビタミン♪】AKB48“まちゃりん” 新シングル初選抜入りに「悔いのないように全力で頑張ります」”. Techinsight (株式会社メディアプロダクツジャパン). (2018年1月21日). https://japan.techinsight.jp/2018/01/maki01211730.html 2021年8月30日閲覧。 
  30. ^ “【MV】ペダルと車輪と来た道と short ver. / STU48[公式]”. ※センター表記は動画概要欄参照 (STU.). (2018年3月3日). http://www.youtube.com/watch?v=H-n_ouZQdd8 2018年3月3日閲覧。 
  31. ^ a b “STU48瀧野由美子ら“CGB41”結成 本家に先駆け総選挙!?”. ORICON NEWS. (2018年4月13日). https://www.oricon.co.jp/news/2109467/full/ 2018年4月13日閲覧。 
  32. ^ “秋元康公認“CGB41”がCMデビュー、早くも総選挙”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク). (2018年4月13日). https://www.barks.jp/news/?id=1000153942 2018年4月13日閲覧。 
  33. ^ “瀧野由美子「ずっとテレビで観てきた徳光さんが…」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2018年6月16日). https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/201806160000725.html 2018年6月17日閲覧。 
  34. ^ STU48 2ndシングル 発売日決定!”. KING RECORDS official website (2018年10月3日). 2018年10月6日閲覧。
  35. ^ STU48、2ndシングル発売発表 センター&選抜メンバー16人は?”. モデルプレス (2018年6月17日). 2018年10月6日閲覧。
  36. ^ STU48、2ndシングルのリリース決定&選抜メンバー16名がナゴヤドーム握手会会場にてサプライズ発表”. musicman-net (2018年6月18日). 2018年10月6日閲覧。
  37. ^ 瀧野 由美子 (@stu48_yumianko) - Twitter
  38. ^ STU48瀧野由美子、Twitter開設にファン歓喜「待ってました」”. ザテレビジョン (2018年7月25日). 2018年7月25日閲覧。
  39. ^ “STU瀧野さんツイッター開始 早くもフォロワー1万人突破”. 徳島新聞電子版 (徳島新聞社). (2018年7月25日). http://www.topics.or.jp/articles/-/78238 2018年7月25日閲覧。 
  40. ^ 瀧野 由美子 [@stu48_yumianko] (2018年7月25日). "初めまして !! STU48 瀧野由美子(たきのゆみこ)と申します !! 🙇🏻 本日から #マジムリ学園 がスタートするのに伴い 、 ツイッターを始めました 😌💓 皆さんどうぞ 、お手柔らかに 🤗 宜しくお願いします 🎷🚄" (ツイート). Twitterより2021年8月30日閲覧
  41. ^ STU48のセンター・瀧野由美子がワンバン始球式「ずっと手が震えています」”. イザ!. 産経デジタル (2018年8月8日). 2018年8月8日閲覧。
  42. ^ STU48・瀧野由美子が始球式 2年前までビールの売り子”. デイリースポーツオンライン (2018年8月8日). 2018年8月8日閲覧。
  43. ^ STU瀧野由美子が始球式「安心感が」推しメン新井”. 日刊スポーツ (2018年8月8日). 2018年8月8日閲覧。
  44. ^ STU瀧野由美子がマツダで始球式 推しメンは新井サン「安心感がある」”. 東スポWeb (2018年8月8日). 2018年8月8日閲覧。
  45. ^ a b “STU48瀧野由美子&田鍋梨々花、2ショットランウェイに歓声 抜群スタイル際立つ<GirlsAward 2018 A/W>”. モデルプレス. (2018年9月16日). https://mdpr.jp/news/detail/1793069 2018年10月3日閲覧。 
  46. ^ STU48瀧野由美子が始球式 笑顔の〝ほぼノーバウンド〟”. 産経フォト. 産経デジタル (2018年10月5日). 2018年10月6日閲覧。
  47. ^ “STU瀧野 初冠番組で新幹線愛語る”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2018年9月28日). https://hochi.news/articles/20180928-OHT1T50083.html 2021年8月30日閲覧。 
  48. ^ STU48瀧野由美子が初冠番組で“新幹線愛”爆発!「新幹線は知らない世界へ連れていってくれる“夢の超特急”」”. ザテレビジョン (2018年9月28日). 2018年9月28日閲覧。
  49. ^ a b “STU瀧野由美子が初冠番組で「現美新幹線」を独占”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2018年9月28日). https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/201809280000320.html 2018年9月28日閲覧。 
  50. ^ “STU瀧野由美子Mama&Son入り 峯岸ら所属”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2020年3月28日). https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/202003280000628.html 2020年3月28日閲覧。 
  51. ^ “STU瀧野由美子が大学受験に挑戦 コラボ企画で”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2020年6月26日). https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/202006260000407.html 2020年6月26日閲覧。 
  52. ^ 【STU48 瀧野由美子×ただよび】大学受験チャレンジ企画始動!!”. YouTube. YouTubeの予備校「ただよび」文系チャンネル (2020年6月25日). 2020年6月26日閲覧。
  53. ^ STU48 6thシングル カップリング曲、ファンが決めたユニットメンバー7名発表. ドワンゴジェイピーnews.(2020年10月18日付) 2020年10月19日閲覧。
  54. ^ a b STU48不動のエース・瀧野由美子、1st写真集発売決定 実家で撮り下ろしの浴衣ショットも”. クランクイン (2021年7月18日). 2021年7月18日閲覧。
  55. ^ a b STU48瀧野由美子の1st写真集発売決定、ビキニ姿やお風呂での大胆ショットも”. 音楽ナタリー (2021年7月18日). 2021年7月18日閲覧。
  56. ^ a b STU48瀧野由美子の1st写真集が発売決定! 故郷・山口県でのナチュラルSHOTから大胆ランジェリー姿まで”. WEBザテレビジョン (2021年7月18日). 2021年7月18日閲覧。
  57. ^ “STU瀧野由美子、初写真集限定表紙で下着ショット「少し大人っぽく」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2021年8月30日). https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/202108300000068.html 2021年8月30日閲覧。 
  58. ^ a b c 『AKB48グループ プロフィール名鑑2018』宝島社、2018年1月12日、154頁。
  59. ^ a b c d 「STU48完全名鑑in広島(後編)」『月刊ENTAME』2017年10月号、徳間書店、2017年10月1日、63頁。
  60. ^ a b “STU注目のセンター・瀧野由美子 度肝を抜いた超天然エピソード”. 東スポWeb (東京スポーツ). (2017年7月13日). オリジナルの2017年8月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170811150758/http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/708254/ 2017年8月12日閲覧。 
  61. ^ “"天然の神降臨"STU瀧野由美子 ほのぼのとした素顔とひたむきさ、国内末っ子グループの中心に”. スポニチアネックス. (2018年10月7日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/10/07/kiji/20181006s00041000381000c.html 2018年10月7日閲覧。 
  62. ^ 「STU48 最速グループの目指す場所」『EX大衆』2017年9月号、双葉社、2017年8月12日、24頁。
  63. ^ 「STU48大航海名鑑」『週刊プレイボーイ no.7』2018年2月12日号、集英社、2018年1月29日、163頁。
  64. ^ a b c d e f g STU48×SGS スペシャルコラボ企画「STU48メンバーに48の質問」”. Harajuku ストリートガールズスナップ SGS109. 2018年10月13日閲覧。
  65. ^ “AKB48紅白対抗歌合戦、全曲生歌生演奏・豪華ゲストとコラボ挑戦でAKB48の本気を見た サイリウムが止まるほどの圧巻ステージ<セットリスト>”. モデルプレス. (2017年12月10日). https://mdpr.jp/music/detail/1733460 2017年12月10日閲覧。 
  66. ^ a b c “STUセンター・瀧野由美子、松井玲奈に負けぬ鉄オタぶり 東京駅で「ピーンとなる」”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2018年2月2日). https://www.j-cast.com/2018/02/02320302.html?p=all 2017年2月5日閲覧。 
  67. ^ 朝日新聞』、2019年4月15日付夕刊。
  68. ^ “STU瀧野由美子「売り子をやってカープ好きに…始球式に憧れます」”. 東スポWeb (東京スポーツ新聞社). (2017年12月16日). https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/akb/859291/ 2021年8月30日閲覧。 
  69. ^ 謙虚でしっかり者で次世代のエース間違いなし!STU48の不動のセンター・瀧野由美子”. TABLO (2018年3月28日). 2018年10月7日閲覧。
  70. ^ 相関図 マジムリ学園”. 日本テレビ. 2018年7月27日閲覧。
  71. ^ 山口放送「熱血テレビ」に2021年1月よりSTU48 瀧野由美子がレギュラーリポーターとして出演決定!”. STU48 OFFICIAL WEB SITE. STU (2020年12月25日). 2020年12月25日閲覧。
  72. ^ “萩原工業が、新スローガン「ハミダセ、アミダセ。」を発表!STU48メンバーを起用した新CMが11月より地上波にてOA!” (プレスリリース), 萩原工業株式会社, (2018年11月1日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000032352.html 2021年8月30日閲覧。 
  73. ^ “渡辺麻友・柏木由紀らAKB48グループ21人が秋服着こなし!STU48初ランウェイを披露<関コレ2017A/W>”. モデルプレス. (2017年8月30日). http://mdpr.jp/news/detail/1710602 2018年10月3日閲覧。 
  74. ^ cookpadLive「瀧野由美子のI LOVE MNJ」が配信決定!”. STU48 OFFICIAL WEB SITE (2019年11月6日). 2021年7月17日閲覧。
  75. ^ “DLやまぐち号 夏の特別イベント実施のお知らせ” (プレスリリース), 西日本旅客鉄道株式会社, (2021年7月7日), https://www.westjr.co.jp/press/article/items/210707_04_dl_yamaguchi.pdf 2021年7月18日閲覧。 
  76. ^ 【山口】DLやまぐち号がSTU48とコラボ 瀧野由美子さんプロデュースの記念乗車証を配布”. 日テレNEWS24 (2021年7月18日). 2021年7月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月30日閲覧。