瀬原義生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

瀬原義生(せはら よしお、1927年12月1日[1]-2016年9月25日[2])は、日本の歴史学者ドイツの中世から近世初期にかけてが専門。

来歴[編集]

鳥取県米子市生まれ。1951年京都大学文学部史学科西洋史専攻卒業。56年京都大学大学院(旧制)修了。立命館大学助教授、教授、94年定年退任、名誉教授、京都橘女子大学教授、91年「ドイツ中世農民史の研究」で京大文学博士

著書[編集]

  • 『現代史入門』法律文化社(入門シリーズ) 1960
  • 『ドイツ中世農民史の研究』未来社 1988
  • 『ヨーロッパ中世都市の起源』未来社 1993
  • 『ドイツ中世都市の歴史的展開』未来社 1998
  • 『スイス独立史研究』ミネルヴァ書房(Minerva西洋史ライブラリー) 2009

翻訳[編集]

  • F.レーリヒ『中世の世界経済 一つの世界経済時代の繁栄と終末』未来社(社会科学ゼミナール) 1969
  • M.ベンジンク,S.ホイヤー『ドイツ農民戦争 1524-1526年』未来社 1969
  • シュモラー『ドイツ中世都市の成立とツンフト闘争』未来社 (社会科学ゼミナール) 1975
  • E.ヴェルナー『中世の国家と教会 カノッサからウォルムスへ 1077~1122』未来社 1991
  • M.モラ,Ph.ヴォルフ『ヨーロッパ中世末期の民衆運動 青い爪、ジャック、そしてチオンピ』ミネルヴァ書房 1996
  • R.H.ヒルトン『中世封建都市 英仏比較論』刀水書房(人間科学叢書) 2000
  • C.ヴェロニカ・ウェッジウッド『ドイツ三十年戦争』刀水書房 2003
  • カール・ヨルダン『ザクセン大公ハインリヒ獅子公 中世北ドイツの覇者』ミネルヴァ書房 2004
  • C.ヴェロニカ・ウェッジウッド『オラニエ公ウィレム オランダ独立の父』文理閣 2008
  • アンドリュー・ウィートクロフツ『ハプスブルク家の皇帝たち 帝国の体現者』文理閣 2009
  • デレック・マッケイ『プリンツ・オイゲン・フォン・サヴォア 興隆期ハプスブルク帝国を支えた男』文理閣 2010
  • C.ヴェロニカ・ウェッジウッド『イギリス・ピューリタン革命―王の戦争』文理閣、2015 

論文[編集]

[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』
  2. ^ 瀬原義生氏死去:時事通信