瀬在幸安

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「瀨在幸安」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

瀬在 幸安(せざい ゆきやす、1930年(昭和5年)4月7日 - )は日本の医学者。専門は心臓外科学。元日本大学総長。

来歴[編集]

長野県埴科郡五加村(現千曲市)に医師の三男として生まれる。哲学者瀬在良男は兄。1955年(昭和30年)日本大学医学部医学科を卒業し、1960年(昭和35年)同大学院医学研究科博士課程(外科学)修了。医学博士(日本大学)。論文の題は「僧帽弁狭窄症の手術前後における心肺機能検査成績」[1]。 同年母校講師となる。1965年(昭和40年)から1968年(昭和43年)までフルブライト奨学研究員としてオレゴン大学心臓外科に留学。帰国後は同大教授、医学部長、副総長を経て、1996年(平成8年)から2005年(平成17年)まで日大総長に就任、2000年(平成12年)に日本大学の名誉教授となった。

日本で初めて心臓のバイパス手術を行い成功させた。 国際交流と産学連携を推進しながら、世界水準の教育と研究をめざした大学改革に取り組んだ。また文部省の大学設置・学校法人審議会委員、厚生省の公衆衛生審議会委員を務めた。

役職[編集]

  • 国際ロータリー血液ポンプ学会会長
  • 日本人工臓器学会長
  • 日本頚動脈外科学会理事長
  • 日本生命倫理学会会長
  • 日本心臓血管外科学会名誉会長
  • 全国医学部長・病院長会議会長
  • 日本私立大学連盟常務理事
  • 国際教育交流協議会会長

受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベースによる

出典[編集]

先代:
瀬在良男
日本大学総長
第10代:1996年 - 2005年
次代:
小嶋勝衛