瀬在良男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「瀨在良男」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

瀬在 良男(せざい よしお、1926年(大正15年)2月20日 - 2001年(平成13年)4月15日)は日本の哲学研究者日本大学第9代総長。

来歴[編集]

長野県埴科郡五加村(現千曲市)に医師の次男として生まれる。医学者で第10代日本大学総長の瀬在幸安は実弟。 旧制屋代中学(長野県屋代高等学校)を経て、1950年(昭和25年)日本大学法文学部文学科を卒業、母校専任講師となる。1958年(昭和33年)に日本大学助教授となる。1964年(昭和39年)から翌年の昭和40年度まで南カリフォルニア大学に留学し、大学院哲学専攻博士課程修了。帰国後、1967年(昭和42年)日本大学文理学部の教授となり、1975年(昭和50年)に文学博士(日本大学)。論文の題は「行動論的価値論の研究 」[1]1976年(昭和51年)にフロリダ州立大学客員教授に就任。通信教育部長、副総長、文理学部長を経て、1993年(平成5年)から1996年(平成8年)まで日本大学総長に就任していた。

大学の自己点検・評価制度の推進、健全な財政基盤の確立、企画・立案機能の強化などに取り組み、文部省の大学設置審議会委員も務めた。

役職[編集]

  • 日本科学哲学会理事
  • 日本私立大学連盟常務理事
  • 私学研修福祉会理事長
  • 日本哲学会会員
  • 国際哲学会議会員

著書[編集]

  • 「実存と論理―ハイデッガーの実存論哲学序説」1955年 駿河台出版社
  • 「実存と分析の論理―言語の一般認識論序説」1958年 学芸書房
  • 「一般記号論序説―記号と行動の論理」 1960年 駿河台出版社
  • 「哲学の諸問題」 1962年 駿河台出版社
  • 「記号論序説―その歴史と体系」 1970年 駿河台出版社
  • 「行動論的価値論の研究」 1976年 駿河台出版社
  • (翻訳)ジョン・ホスパーズ著「分析哲学入門 5―論理学」1971年 法政大学出版局

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベースによる

出典[編集]

先代:
木下茂徳
日本大学総長
第9代:1993年 - 1996年
次代:
瀬在幸安