瀬戸内インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
瀬戸内インターチェンジ
瀬戸内インターチェンジ出口
瀬戸内インターチェンジ出口
所属路線 岡山ブルーライン
本線標識の表記 瀬戸内
起点からの距離 7.7 km(君津IC起点)
西大寺IC (3.8 km)
(3.6 km) 邑久IC
接続する一般道 岡山県道231号神崎邑久線
供用開始日 2005年4月1日
通行台数 x台/日
所在地 岡山県瀬戸内市邑久町豊原
テンプレートを表示

瀬戸内インターチェンジ(せとうちインターチェンジ)は岡山県瀬戸内市邑久町豊原にある岡山ブルーライン上のインターチェンジである。

岡山ブルーラインが有料道路だった当時(1977年-2004年。1977年-1994年までの愛称は岡山ブルーハイウェイ)にはこのインターチェンジは存在しなかったが、邑久郡3町(牛窓・邑久・長船の各町)が合併(新設合併)して瀬戸内市が成立した事により瀬戸内市役所(旧・邑久町役場)の近くに岡山ブルーラインの出入口がない事が問題になり、瀬戸内市役所の南方岡山県道231号神崎邑久線との交差部にインターチェンジが新設される事になった。供用を開始したのは無料開放からちょうど1年が経過した2005年平成17年)4月1日の事である。本線出口標識の表記は「瀬戸内」。

道路[編集]

  • 岡山ブルーライン

接続道路[編集]

地理[編集]

沿線の主要施設

[編集]

岡山ブルーライン
邑久IC - 瀬戸内IC - 西大寺IC

関連項目[編集]