瀬戸市コミュニティバス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:バス車輌・バス停等の画像の画像提供をお願いします。2015年2月

瀬戸市コミュニティバス(せとしコミュニティバス)は、愛知県瀬戸市で運行しているコミュニティバス。運行委託先は、名鉄西部交通・あんしんネットあいち・瀬戸自動車運送。

なお、毎年12月29日から1月3日まで全便運休となる。

運賃[編集]

  • 1乗車100円(大人・子供同額、障害者は半額)。
  • 回数券定期券はない。
  • manacaTOICAなどのICカードは利用できない。

沿革[編集]

  • 2006年10月29日 - 中心市街地線の試乗会を実施。
  • 2006年12月16日 - 瀬戸駅前バス停で出発式を実施。
  • 2006年12月16・17日 - 中心市街地線・上之山線の試乗会を実施。
  • 2006年12月23日 - 試行運転開始。当初の運行会社はジェイアール東海バス(JR東海バス)と名鉄バス
  • 2007年9月8日・9日 - せともの祭開催に伴い、全路線が無料となる(2008年は有料で運行された)。
  • 2008年4月1日 - 路線・ダイヤ改正。また運賃が1乗車200円から100円に値下げされた。

現行路線[編集]

既存の鉄道・バス路線となるべく重複しないような路線網となっている。

名鉄西部交通運行路線[編集]

  • 下半田川線:イオン瀬戸みずの店・水野支所・新瀬戸駅 - 中水野駅 - 鹿乗町 - 定光寺公園 - 下半田川町民会館 - 妻之神
    • 毎週火・木・土曜日運行。定光寺公園 - 妻之神は自由降車区間(乗車は不可)
  • 曽野線:イオン瀬戸みずの店・新瀬戸駅 - 中水野駅 - 曽野 - しなのバスセンター
    • 毎週月・水・金・日曜日運行。
  • 上半田川線:バロー品野店 - しなのバスセンター - 上半田川転回場
    • 中平橋 - 上半田川転回場は自由降車区間(乗車は不可)
  • 片草線:バロー品野店 - しなのバスセンター - 上品野 - 片草町民会館
  • 岩屋堂線:しなのバスセンター - 岩屋堂
    • 岩屋堂で循環運転を行う。

あんしんネットあいち運行路線[編集]

  • 本地線:陶生病院 - 瀬戸口駅 - 愛知医大
    • 毎週月・火・木・土曜日運行。
  • 上之山線:瀬戸駅前 - 文化センター - 瀬戸口駅 - 山口駅 - サンヒル上之山 - 八草駅
  • 上之山線:瀬戸駅前 - 宝ヶ丘町 - 山口駅 - サンヒル上之山 - 八草駅

瀬戸自動車運送運行路線[編集]

  • こうはん線:イオン瀬戸みずの店 - 東山町 - やすらぎ会館 - 新瀬戸駅

過去の路線[編集]

2006年12月23日 - 2008年3月31日まで[編集]

名鉄バス運行路線[編集]

  • 下半田川・定光寺線:中水野駅→コミュニティ水野団地(循環)→中水野駅 - (曽野稲荷前) - 定光寺公園 - 下半田川町民会館→妻之神
    • 曽野稲荷前は一部の系統のみ経由。中水野駅ゆきは、中水野駅到着後妻之神ゆきとなって水野団地を循環する。
  • 瀬戸支線:瀬戸市駅 - 定光寺公園 - 下半田川町民会館→妻之神(1日1往復のみ)
  • 片草・白岩線:中水野駅 - 曽野稲荷前 - 品野 - 片草町民会館
  • 岩屋堂支線:中水野駅 - 曽野稲荷前 - 品野 - 岩屋堂
  • 上之山線:緑町 - 瀬戸口駅 - 山口駅 - 海上の森センター - 八草駅

※ なお、下半田川・片草・岩屋堂・八草駅には、過去にJR東海バスの路線が運行されていた。

JR東海バス運行路線[編集]

  • 中心市街地線:中水野駅 - コミュニティ水野団地 - やすらぎ会館 - 瀬戸駅前 - 瀬戸公園 - 文化センター - 瀬戸口駅
  • 中心市街地線:中水野駅 - 市民公園口 - 陶生病院北 - 瀬戸口駅(1日1往復のみ)

2011年3月31日まで[編集]

名鉄西部交通運行路線[編集]

  • 下半田川線:ジャスコ瀬戸みずの店・水野支所・瀬戸市駅 - 中水野駅 - 鹿乗町 - 定光寺公園 - 下半田川町民会館 - 妻之神
    • 毎週火・木・土曜日運行。
  • 曽野線:ジャスコ瀬戸みずの店・瀬戸市駅 - 中水野駅 - 曽野 - 品野支所 - 品野
    • 毎週月・水・金・日曜日運行。
  • 上半田川線:品野支所 - 上半田川口 - 榎戸
  • 片草線:品野支所 - 上品野 - 片草町民会館
  • 岩屋堂線:品野支所 - 岩屋堂
    • 岩屋堂で循環運転を行う。

あんしんネットあいち運行路線[編集]

  • 本地線:陶生病院 - 瀬戸口駅 - 坂上町東
    • 毎週月・火・木・土曜日運行。
  • 上之山線:瀬戸駅前 - 文化センター - 瀬戸口駅 - 山口駅 - サンヒル上之山 - 八草駅
  • 上之山線:瀬戸駅前 - 宝ヶ丘町 - 山口駅 - サンヒル上之山 - 八草駅

瀬戸自動車運送運行路線[編集]

  • 中心市街地線:中水野駅 - コミュニティ水野団地 - やすらぎ会館 - 瀬戸駅前

車両[編集]

現在は、全路線とも9人乗りのジャンボタクシーによって運行されている。

2008年4月までは、名鉄バスは三菱ふそう・エアロミディME、JR東海バスは日野・ブルーリボンシティ日産ディーゼル・UAを使用していた。塗色の変更はしていなかったが、前面に「瀬戸市コミュニティバス」と書かれたバスマスクを付けていた。

試乗会では、名鉄バスは三菱ふそう・エアロミディMKを使用していた。

利用状況[編集]

愛知県内の市町村における自主運行バス等の運行状況についてによると、平成21年度の1日あたりの利用者数は0.3人(岩屋堂線)から4.9人(上之山線)であった。

関連項目[編集]