瀬藤光利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
せとう みつとし
瀬藤 光利
生誕 (1969-11-25) 1969年11月25日(48歳)
日本の旗 日本 香川県
出身校 東大寺学園高等学校
東京大学医学部
職業 浜松医科大学教授

瀬藤 光利(せとう みつとし、1969年11月25日 - )は、日本の生命科学者医師医学博士浜松医科大学分子イメージング先端研究センター分子解剖学研究部門教授。日本医用マススペクトル学会理事、日本質量分析学会委員。新しい分子イメージングの手法、中でもナノ形態学の手法を開発し医学生理学上の問題に応用。人々を病気の苦しみから救い、楽しい不老長寿を目指すという使命の下、老化に関連する研究を行っている。

略歴[編集]

受賞歴[編集]

  • 1992年 シッキムヒマラヤ遠征隊ピークアタッカー
  • 1994年 読売国際学生コンテスト入賞(読売新聞社
  • 1994年 卒業生総代(鉄門クラブ謝恩会)
  • 2002年 Amersham Science Award for Young Scientists(Science誌)
  • 2004年 平成15年度東京都医師会医学研究賞 奨励賞
  • 2006年 平成18年度日本学術振興会 第141委員会 榊奨励賞
  • 2008年 平成20年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞
  • 2009年 平成21年度日本臨床分子形態学会 学会奨励賞

著作[編集]

  • 『質量顕微鏡法―イメージングマススペクトロメトリー実験プロトコール』(編集、シュプリンガー・ジャパン、2008年)

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース