灘蓮照

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
 灘 蓮照 九段
名前 灘 蓮照
生年月日 (1927-03-16) 1927年3月16日
没年月日 (1984-04-26) 1984年4月26日(57歳没)
プロ入り年月日 1947年
棋士番号 44
出身地 徳島県
師匠 神田辰之助九段
段位 九段
戦績
一般棋戦優勝回数 6回

灘 蓮照(なだ れんしょう、1927年3月16日 - 1984年4月26日)は、将棋棋士。プロデビュー当初(改名する前)の氏名は、灘照一
棋戦優勝6回を数える強豪。棋士番号44。神田辰之助九段門下。徳島県出身。

人物[編集]

  • 豪胆な棋風と独特の戦法を用い、また日蓮宗の僧侶として得度していたことなどから(これに関連し蓮照と改名している)、「荒法師」の異名を取る。
  • NHK杯で1955年度の第5回から3年連続準優勝、そして1958年度の第8回で優勝した。参加棋士数が少なかったとはいえ、4年連続決勝進出は、2011年度に羽生善治が4連覇で並ぶまで長くNHK杯史上唯一の快記録であった。
  • 駒落ち将棋の達人で「アマ初段相手に八枚落ちで勝つ自信がある」「アマ四段を相手に四枚落ちで三面指しを行って全勝した」などの逸話があり、棋界では花村元司と並んで有名であった。
    • かつて、将棋マガジンの中で「灘に四枚落ちで勝てば二段免状を進呈」という企画が行われ、読者を相手に四枚落ちを12局指して11勝1敗という驚異的な成績を残している。
    • 八枚落ちの灘流の上手の指し方は、先崎学『最強の駒落ち』 (講談社現代新書)/『駒落ちのはなし』(マイナビ)で紹介されている。
    • 四枚落ちの灘流の上手の指し方は、湯川博士『定跡なんかフッとばせ―駒落ち必勝法』 (MYCOM将棋文庫) で紹介されている。また、先崎学『最強の駒落ち』 (講談社現代新書)/『駒落ちのはなし』(マイナビ)でも、「灘流」とは書かれていないが、灘が得意とした指し方が紹介されている。
  • 1982年、村山聖の奨励会への入会に待ったをかけた[1]
  • 1984年、現役のまま(休場中)脳梗塞で死去。57歳であった。
  • 弟子に神田鎮雄七段(師匠・神田辰之助九段の次男)、神崎健二八段がいる。

昇段履歴[編集]

  • 1941年 入門
  • 1947年 四段 = プロ入り
  • 1948年4月1日 六段
  • 1951年4月1日 七段(当時の順位戦B級への昇級)
  • 1953年4月1日 八段(順位戦A級昇級)
  • 1976年11月17 贈九段(将棋の日)
  • 1984年4月26日 現役のまま死去

主な成績[編集]

  • 順位戦A級在籍通算17期

棋戦優勝[編集]

タイトル戦登場[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 当初、村山の父は広島在住の元奨励会員にプロ入りを持ちかけたが「まだ早い」と止められたため、他の筋を当たって森信雄を師匠とした。しかし最初に相談を受けた元奨励会員が、親交のあった灘に村山の弟子入りを申し込んで許可されていたため、灘は村山は自分の弟子に当たると主張した(『聖の青春』より)。
  2. ^ 1982年(第30回)まではタイトル戦ではなく一般棋戦。

関連項目[編集]