火の山―山猿記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

火の山―山猿記』(ひのやま やまざるき)は、津島佑子小説。第34回谷崎潤一郎賞、第51回野間文芸賞を受賞。

1996年(平成8年)8月から翌1997年(平成9年)8月まで、講談社文芸誌群像』に連載。単行本は1998年(平成10年)に講談社より刊行。2006年(平成18年)に文庫化。

津島佑子の母方の祖父である石原初太郎山梨県甲府市に住み、県嘱託として山梨の地質や動植物調査に携わった地質学者で、この石原家が作品のモデルになっている。「火の山」は富士山を意味し、富士に寄り添い激動の時代を過ごした有森家5代の歴史を、一族の書簡日記を織り交ぜる形で構成している。

2006年(平成18年)に、本作を原案にしたNHK連続テレビ小説純情きらり』が放送された[1]

書誌情報[編集]

  • 単行本(講談社、1998年6月)
    • 上巻 ISBN 978-4062090902
    • 下巻 ISBN 978-4062090919
  • 文庫本(講談社文庫、2006年1月)
    • 上巻 ISBN 978-4062752961
    • 下巻 ISBN 978-4062752978

脚注[編集]

[ヘルプ]