火の魚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

火の魚』(ひのさかな)は、中央公論社から1960年に刊行された室生犀星小説である。2009年テレビドラマ化された。

小説[編集]

室生の小説『蜜のあはれ』(1959年)の表紙「金魚の魚拓」の製作をめぐる、室生と装幀家栃折久美子との物語である。

テレビドラマ[編集]

火の魚
ジャンル テレビドラマ
放送時間 19:30 - 20:23(53分)
放送期間 2009年7月24日(1回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK広島
演出 黒崎博
原作 室生犀星
脚本 渡辺あや
プロデューサー 行成博巳
出演者 原田芳雄
尾野真千子
オープニング 作曲:和田貴史
外部リンク 公式サイト[リンク切れ]
テンプレートを表示
火の魚 バリアフリー劇場版
監督 黒崎博
脚本 渡辺あや
製作 行成博巳
出演者 原田芳雄
尾野真千子
音楽 和田貴史
撮影 持田立、前田貢作
編集 望月博文
製作会社 NHK
配給 クロスメディア
公開 日本の旗 2012年6月23日
上映時間 53分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

室生犀星の原作をもとに、2009年NHK広島放送局が制作した。平成21年度(第64回)文化庁芸術祭・大賞(テレビ部門・ドラマの部)や第36回放送文化基金賞優秀賞、第50回モンテカルロ・テレビ祭・ゴールドニンフ賞(テレビ映画部門)などを受賞した。視聴率は9.6%であった。

NHKアーカイブスの番組公開ライブラリーで公開されるほか、2010年11月からはNHKオンデマンドでも配信された。

ドラマ版から音声や音楽を修正し、聴覚障害者対応日本語字幕および視覚障害者対応音声ガイドが加えられた「バリアフリー劇場版」が、2012年6月23日から広島バルト11、Tジョイ東広島、岩国ニューセントラルにて上映された。同年7月21日にはDVDが発売された。

キャッチコピーは「人生ってのは、自分が魚拓にされるまでの物語だ。」である。

放送時間[編集]

これまでに計13回放送された。全てJST

  • 本放送(中国地方向け・NHK総合):2009年7月24日 19時30分 - 20時23分(中国ブロックローカル「ふるさと発」枠)
  • 上記の再放送(中国地方向け・NHK総合):2009年8月2日 8時00分 - 8時53分
  • 広島県向け
    • NHK総合
      芸術祭大賞受賞記念として放映された。同じ広島局制作で、前年度の文化庁芸術祭優秀賞受賞作『帽子』とあわせて放送された。
  • 全国放送
    • NHK-BShi
    • NHK総合
      芸術祭大賞受賞記念として放映された。
      第50回モンテカルロ・テレビ祭・ゴールドニンフ賞受賞記念として放映された。
    • NHK-BS2:2010年6月27日 15時36分頃 - 16時29分頃
      特集番組「ザ・ベストテレビ2010」の中で放送された。
    • BSプレミアム
      • 2011年7月21日 22時00分 - 22時53分
      原田芳雄の追悼特別企画(2011年7月19日逝去)として放映された。
      • 2012年3月3日 19時00分 - 19時53分

キャスト[編集]

  • 村田省三原田芳雄
  • 折見とち子尾野真千子
  • かおり:高田聖子
  • 洋平:笠松伴助
  • 伊藤:岩松了
  • 雄助:石飛佑樹
  • 本屋の老婆:新屋英子
  • 待合所の男:河島洋三
  • 待合所の女:堂願優美子
  • 食堂のオヤジ:青野光臣
  • 老婆:池田美佐子
  • 花屋:笹木真之
  • ヘルパー:藤山千歳

スタッフ[編集]

  • 原作:室生犀星『火の魚』(中央公論社刊)
  • 脚本:渡辺あや
  • 音楽:和田貴史
  • 撮影:持田立、前田貢作
  • 照明:縄田徹
  • 編集:望月博文
  • 音声:北島正司
  • 音響効果:木村充宏(NHK)
  • 演出:黒崎博
  • プロデュース:松井修平
  • 制作統括:行成博巳
  • 制作・著作:NHK(広島放送局)

ロケ地[編集]

その他[編集]

  • 劇中で使用されている影絵は浜崎ゆう子・作「幸福な王子」。
  • 劇中で使用されている楽曲は村上巌「劇伴(M1 - M12)全13曲」、「ゆたか音頭」、「主題と変奏 変奏5、憂愁をたたえた」、ペーター・フランクル「15のハンガリー農民歌 Ballad:Tema con variazioni」。

受賞歴[編集]

日本国内
日本国外
  • 第46回ヒューゴ・テレビ賞
    • ドラマ番組部門 奨励賞
  • 第50回モンテカルロ・テレビ祭 <世界四大映像祭>
    • フィクション番組(テレビ映画)部門・ゴールドニンフ賞(最優秀賞)
  • 第62回イタリア賞 <世界四大映像祭>
    • テレビ単発ドラマ及びミニシリーズドラマ部門・イタリア賞(最優秀賞)

関連項目[編集]