火星航空機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
火星航空機
所属 宇宙航空研究開発機構 (JAXA)
公式ページ 火星探査航空機ワーキンググループ
状態 開発中
目的 火星探査
観測対象 火星
打上げ場所 種子島宇宙センター(予定)
打上げ日時 2020年代半ばを予定
テンプレートを表示

火星航空機(Mars aircraft) は、各国の宇宙機関が開発を進めている火星探査ミッションで用いる火星の大気圏を飛行する無人航空機である[1][2]。2020年代半ばに予定されるMELOSに搭載する計画がある。

概要[編集]

残留磁場を測定するような用途では地表から高度1kmから2kmで1000kmくらいを移動する方法が望ましいとされるが、このような用途には大気圏内を飛行する無人航空機以外には想定できない。火星の大気圏の特徴は地球上の約1/100で大気の密度が非常に小さく、重力加速度が地球の1/3で様々な技術的な課題が想定される[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b 火星飛行機研究の背景”. 2017年2月11日閲覧。
  2. ^ 世界初の火星飛行機の実現を目指して (PDF)”. 2017年2月11日閲覧。

関連項目[編集]