火星 (エンジン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

火星(かせい)は、第二次世界大戦期に三菱重工業開発製造した航空機空冷星型エンジンである。社内呼称はA10、海軍略符号はMK4、陸軍ハ番号はハ101及びハ111、陸軍制式名称は一〇〇式一五〇〇馬力発動機、陸海軍統合名称はハ32

金星をベースに排気量を拡大したエンジンであり、の登場まで日本では最大の馬力を発揮したことから自社のみならず他社の機体にも多く採用された。

概要[編集]

三菱が、本来大型機用として開発した金星が、出力不足で大型機には能力不足であるということが判明したため[要出典]、金星をベースにしてさらに大排気量のエンジンを開発することとなり、1938年(昭和13年)2月に開発に着手した。

このエンジンは海軍では十三試へ号と呼ばれ、1935年(昭和10年)2月に開発に着手した同一気筒寸法である海軍向けの一〇試空冷八〇〇馬力発動機を直接の原型とする。気筒径、行程長は以前製作していたイスパノ650馬力発動機と同じ150mm×170mmとした[1][2]。カムの前方集中配置など基本的な構造は金星を踏襲しているが、過給器は2速とし高高度性能の向上を図っている。

初号機は1938年(昭和13年)9月に完成、各種試験を経て1940年(昭和15年)に陸海軍に制式採用となった。

一式陸上攻撃機に搭載された火星11型

1940年(昭和15年)に火星一一型の量産が開始され、すぐに出力軸の減速装置を変更した火星一二型に移行する[注釈 1]。次いで1941年(昭和16年)には水メタノール噴射装置を採用し高回転化、高ブースト化した性能向上型が登場し、火星二◯型として採用されるようになる。この性能向上型に関しては、陸軍ではハ111という名称が割り当てられたものの、陸軍では火星の18気筒版とも言えるハ104を採用したため、ハ111を搭載した陸軍機は生産されることは無かった。

火星一◯型/ハ101の生産時期は、1938年(昭和13年) - 1944年(昭和19年)、総生産基数は計7,332基、火星二◯型/ハ111の生産時期は、1941年(昭和16年) - 1945年(昭和20年)、総生産基数は計8,569基であった。

各型式・主要諸元[編集]

火星一一型(ハ101相当)[編集]

  • タイプ:空冷複列星型14気筒
  • ボア×ストローク:150mm×170mm
  • 排気量:42.1L
  • 全長:1,575mm
  • 全幅:1,340mm
  • 乾燥重量:725 kg
  • 燃料供給方式:キャブレター
  • 圧縮比:6.5
  • 過給機:遠心式スーパーチャージャー1段2速
  • 離昇馬力
    • 1,530HP / 2,450RPM / ブースト+270mmhg
  • 公称馬力
    • 一速全開 1,410HP / 2,350RPM / ブースト+180mmhg (高度2,000m)
    • 二速全開 1,340HP / 2,350RPM / ブースト+180mmhg (高度4,000m)
一式陸上攻撃機に搭載された火星21型

火星一五型[編集]

高高度性能を向上。

  • 離昇馬力
    • 1,460HP / 2,450RPM
  • 公称馬力
    • 一速全開 1,420HP / 2,350RPM (高度2,600m)
    • 二速全開 1,300HP / 2,350RPM (高度6,000m)

火星二三型甲[編集]

二一型を十四試局地戦闘機改(試製雷電)向けに変更。

  • 全長:1,945mm
  • 全幅:1,340mm
  • 乾燥重量:860 kg
  • 燃料供給方式:燃料噴射装置
  • 圧縮比:6.5
  • 過給機:遠心式スーパーチャージャー1段2速
  • その他:水メタノール噴射装置、強制冷却ファン
  • 離昇馬力
    • 1,820HP / 2,600RPM / ブースト+450mmhg
  • 公称馬力
    • 一速全開 1,600HP / 2,500RPM / ブースト+300mmhg (高度1,300m)
    • 二速全開 1,520HP / 2,500RPM / ブースト+300mmhg (高度4,100m)

火星二五型乙(ハ111相当)[編集]

二三型の振動の原因であった、プロペラとの共振を抑えるため、減速比を変更。

  • 乾燥重量:760 kg
  • 離昇馬力
    • 1,850HP / 2,600RPM
  • 公称馬力
    • 一速全開 1,680HP / 2,500RPM (高度2,100m)
    • 二速全開 1,540HP / 2,500RPM (高度5,500m)

火星二六型[編集]

二三型の機械式過給の直径を増し、全開高度を上げたもの。

  • 乾燥重量:不明
  • 離昇馬力[3]
    • 1820HP / ??RPM
  • 公称馬力[4]
    • 一速全開 1510HP (高度2800m)
    • 二速全開 1400HP (高度6800m)
    • 三速全開 1310HP (高度7200m)

主な搭載機[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 火星一◯型取扱説明書に「一二型は一一型と減速装置を異にするのみにて、他はまったく同一なり」とある。

出典[編集]

  1. ^ 松岡久光 2017, p. 91.
  2. ^ 坂上茂樹 2013, p. 425.
  3. ^ 丸編集部『局地戦闘機「雷電」―海軍インターセプターの実力 』
  4. ^ 堀越 二郎、奥宮 正武『零戦』(頁228)

参考文献[編集]

  • 日本航空学術史編集委員会編 『日本航空学術史』
  • 松岡久光 『三菱 航空エンジン史 - 大正六年より昭和まで』 グランプリ出版、2017年8月ISBN 978-4-87687-351-7。 
  • 坂上茂樹、「第III部 固定気筒空冷発動機の進化と三菱航空機・三菱重工業 - モングースから金星ファミリーまで」 『三菱発動機技術史 - ルノーから三連星まで』〈大阪市立大学大学院経済学研究科 Discussion Paper No.79〉、2013年6月