火曜日ならベルギーよ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
火曜日ならベルギーよ
If It's Tuesday, This Must Be Belgium
監督 メル・スチュアート
脚本 デヴィッド・ショウ
原案 デヴィッド・ショウ
製作 スタン・マーガリーズ
デヴィッド・L・ウォルパー
出演者 スザンヌ・プレシェット
音楽 ウォルター・シャーフ
撮影 バイリス・レープニークス
編集 デヴィッド・サクソン
配給 ユナイテッド・アーティスツ
公開 アメリカ合衆国の旗 1969年4月24日
日本の旗 1969年11月21日
上映時間 99分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

火曜日ならベルギーよ』(If It's Tuesday, This Must Be Belgium)は1969年アメリカ合衆国の映画

概説[編集]

デヴィッド・ショーの原作・脚本をメル・スチュアートが映画化した、スザンヌ・プレシェット主演のラブ・コメを要素も取り込んだという観光コメディー。バスツアーでロンドンからベルギーに向かう一行を描いたお気楽コメディだが、意外と豪華キャストなのも特徴である。ベルギー編では出番は多くないもののカトリーヌ・スパークが出たり、他ドノヴァンアニタ・エクバーグや何と客の1人にチョイ役でジョン・カサヴェテスが出てきたりする。

内容[編集]

18日間ヨーロッパ1周バスツアーに参加した12人のアメリカ人一行の中の1人にデパート店員のサマンサ・パーキンス(プレシェット)が参加しツアーガイドのチャーリー(マクシェーン)と最初はケンカするもいつしか恋仲になる。他の面々も行く先々で恋が芽生える。

キャスト[編集]