炊飯器少女コメコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

炊飯器少女コメコ』(すいはんきしょうじょコメコ)は、うずによる日本4コマ漫画作品。

概要[編集]

まんがタイムジャンボ』(芳文社2011年6・7月号にゲスト掲載された後、同年8月号より正式に連載開始して2013年6月号まで継続。『まんがホーム』(同社)でも同年11月号より2012年12月号まで並行連載された。

大学生・と、彼の母から送られてきた「少女型炊飯器コメコとの生活をコミカルに描く。

登場人物[編集]

コメコ
尊の母から送られてきた「少女型炊飯器」。頭部に「お釜」を内蔵しており、鼻を押すと額部分から開くような構造。興奮すると頭から蒸気を出す。一炊き。コメコの名は尊の命名。
発明家の母が家電企業に売り込む前にモニタリングを兼ねて息子の尊に送った。「持ち主と仲良くなるにつれて、ご飯がおいしく炊ける」機能を備えており、最初のうちはしか炊けない。人工知能による会話も合成音声のような喋り方で、セリフは「○○デス」「○○イマス」など一部がカタカナ表記になる。
尊と暮らし、さらにその友人達と接する事で、次第に美味しいご飯を炊けるようになる。それに伴い、学習機能により感情めいたものが育ち始めるが…。
吉行 尊(よしゆき たける)
一人暮らしをしている大学生。母から送られたコメコと暮らすハメになった。炊飯は土鍋派だったが、コメコに壊されてしまう。ご飯以外のものを食べようとするとコメコから注意される。喫茶店でバイトをしている。
伊藤歩香(いとう あゆか)
尊の幼馴染みで、尊に恋している。そのためかコメコに敵視され、妙なライバル関係にある。
米原百合(よねはら ゆり)
尊の同級生で米作農家の娘。ご飯大好きっ娘でコメコとも仲がよいが、その正体は知らない。
マスター
尊のバイト先『紅茶専門店フレイバー』の経営者。基本的に台詞は「…」だが、尊には聞き取れる。

書誌情報[編集]

  • うず『炊飯器少女コメコ』 芳文社まんがタイムコミックス〉、既刊2巻
    1. 2012年5月22日第1刷発行(2012年5月7日発売[1])、ISBN 978-4-8322-5078-9
    2. 2012年9月21日第1刷発行(2012年9月6日発売[1])、ISBN 978-4-8322-5112-0

脚注[編集]

  1. ^ a b 出版社の作品紹介ページより