炭素工具鋼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

炭素工具鋼(たんそこうぐこう、英語: carbon tool steel)は、炭素(C、0.55 - 1.50%)、ケイ素(Si、0.10 - 0.35%)、マンガン(Mn、0.10 - 0.50%)を含む炭素鋼である。キルド鋼を圧延または鍛造据込み鍛錬することにより製造する。特に指定のない限り、鋼板および鋼帯は圧延のまま、それ以外は焼なましを行う。加工性がよく、熱処理により適当な機械的性質を得易い反面、焼き入れ性が悪く焼き入れ時のトラブルがあるため、その使用量は高合金工具鋼への移行により減少傾向にある。

JISによる分類[編集]

炭素工具鋼材の日本工業規格 (JIS) に基づく識別は先立つ記号「SK」で行う。

JIS G 4401 炭素工具鋼鋼材

  • SK140
  • SK120
  • SK105
  • SK95
  • SK90
  • SK85
  • SK80
  • SK75
  • SK70
  • SK65
  • SK60

JISと国際規格の対応[編集]

JISと他規格の対応
JIS規格 旧JIS規格 ISO規格  ASTM規格 DIN規格
SK140 SK1 - W1-13 -
SK120 SK2 C120U W1-11 1/2 -
SK105 SK3 C105U W1-10 C105W1
SK95 SK4 - W1-9 -
SK90 - C90U - -
SK85 SK5 - W1-8 C80W1
SK80 - C80U - -
SK75 SK6 - W1-7 C80W1
SK70 - C70U - -
SK65 SK7 - - C70W2
SK60 - - - -

関連項目[編集]