炭酸亜鉛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
炭酸亜鉛
識別情報
CAS登録番号 [1] 12122-17-7[1]
特性
化学式 ZnCO3
モル質量 125.91g/mol
密度 4.42-4.45g/cm3[1]
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

炭酸亜鉛(zinc carbonate[1])は、塩基性炭酸亜鉛または炭酸・水酸化亜鉛の略語として使われる[1]亜鉛炭酸塩である。化学式はZnCO3だが、組成は安定しておらず工業分野では一般的に代表的な化学式2ZnCO3・3Zn(OH)2・H2Oで表される[1]。一般には塩基性炭酸亜鉛を指す[1]。天然には菱亜鉛鉱として存在する。

性質[編集]

三方晶的な構造を持つ白い粉末状。分解温度は140℃で、300℃から二酸化炭素を放出する[1]

合成[編集]

硫酸亜鉛炭酸ナトリウムを反応させると沈殿する。

熱すると、酸化亜鉛と、二酸化炭素に分解する。

用途[編集]

顔料、防火剤、軟膏など医薬品ゴム配合原料、飼料、亜鉛メッキ原料など[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 「炭酸亜鉛」『12996の化学商品』 化学工業日報社1996年、50頁。ISBN 4-87326-204-6。