烏来観光トロッコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
烏来観光トロッコ
烏来台車
烏来観光トロッコ
烏来駅に停車中のトロッコ
各種表記
繁体字 烏來觀光台車
烏來台車
拼音 wūlái guānguāng táichē
wūlái táichē
発音: ウーライ グァングゥァン タイチェ
ウーライ タイチェ
英文 Wulai Scenic Train
Wulai Train
テンプレートを表示

烏来観光トロッコ(ウライかんこうトロッコ)、烏来台車(ウライだいしゃ)は、中華民国台湾)の新北市烏来区にある観光用軽便鉄道である。7月から8月は午前9時から午後6時まで、それ以外の月は午後5時まで運行されていたが、2015年に発生した蘇迪勒台風(平成27年台風第13号)により壊滅的な被害を受け、[1]一時的に運休していたが、2017年8月26日に運行を再開した。[2]

路線と駅[編集]

始点の烏来と終点のの2駅間、約1.5キロメートルを約18~23キロメートル毎時で走行する[3]。所要時間は5分から10分[3]

始点の烏来駅では、烏来観光トロッコの歴史資料が展示されており[3]、終点の滝駅周辺は、烏来の滝の展望台、温泉、おみやげ店、台湾先住民族の踊りが見られるホール、烏来ロープウェイの駅などがある観光地となっている。

駅名 中国語 カナ転写 営業キロ 所在地
烏来 烏來 ウーライ 0.1 新北市烏来区
瀑布 プーブー 1.5

歴史[編集]

日本統治時代の1928年、三井合名株式会社によって敷設され、木材の運搬を主とする人車軌道として運営される。木材運搬の他、観光客の送迎も兼ねていた。その後、1963年に観光用トロッコに転換され[4][5]、翌年には複線化がなされる。

画像[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 烏來台車地基流失 居民鋌而走險穿越(影音)”. 自由時報 (2015年8月11日). 2017年5月8日閲覧。
  2. ^ 〈台北都會〉烏來台車昨復駛 商圈盼召回遊客”. 自由時報 (2017年8月27日). 2017年8月27日閲覧。
  3. ^ a b c トリコガイド 台湾』 枻出版社、2014年10月14日、123頁。全国書誌番号:22484919ISBN 9784777933549。
  4. ^ 中華民国林務局掲出の看板
  5. ^ 烏来観光トロッコ列車 - 29地方の観光名所”. 新北市政府観光旅遊局. 2015年3月12日閲覧。

関連項目[編集]