無愧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

無愧(むぎ)(: anapatrāpyaアナパトラーピヤ)は仏教が教える煩悩のひとつ。

破廉恥なこと[1]。悪事を起しても、全く恥じないこと。 客観的に反省する心がなく、世間体も人の思惑も気にしなくなる状態をさす。

説一切有部五位七十五法のうち、大不善地法の一つ[1]。唯識派の『大乗百法明門論』によれば随煩悩位に分類され、そのうち中随煩悩である。

五位七十五法の大善地法「愧」の逆の心作用[2]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 中村 2002, p. 96.
  2. ^ 櫻部・上山 2006, p. 114.

参考文献[編集]

  • 櫻部建 ; 上山春平『存在の分析<アビダルマ>―仏教の思想〈2〉』角川書店角川ソフィア文庫〉、2006年。ISBN 4-04-198502-1。(初出:『仏教の思想』第2巻 角川書店、1969年)
  • 中村元『龍樹』講談社学術文庫、2002年。ISBN 4-06-159548-2。