無我 (プロレス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

無我(むが)は、クラシカルなレスリング色の強い日本プロレス興行。コンセプトは「古き良き時代のプロレスの復活」、「1800年代の伝統あるプロレスを蘇らせる」[1]

無我[編集]

1995年10月29日、クラシカルなプロレスへの原点回帰を提唱した新日本プロレス藤波辰爾が設立。ATCホールで旗揚げ戦を開催。藤波が新日本の社長についてからは「無我継承者」と名乗った西村修も運営に参加している。無我でデビューした倉島信行正田和彦(現:MASADA)、竹村豪氏は新日本所属選手ではなく無我所属選手であった(後に竹村のみ新日本に移籍)。

主要参戦選手[編集]

参戦外国人選手[編集]

過去の所属選手[編集]

無我ワールド・プロレスリング[編集]

花鳥風月無我伝承[編集]

花鳥風月無我伝承(かちょうふうげつむがでんしょう)は、2016年3月13日、「無我」の商標権を持つ西村修のプロデュースによるシアタープロレス花鳥風月の別ブランドとして東京タワースタジオで旗揚げ戦を開催。初めて藤波辰爾が一切関わらない無我となる。運営はG-TALENT[2]

所属選手[編集]

大会一覧[編集]

その他[編集]

1996年10月10日ザ・グレート・サスケみちのくプロレス両国国技館大会「竹脇(たけわき)」を開催。これは俳優竹脇無我に由来する興行名である。開催にあたりサスケは藤波辰爾に断りを入れたが藤波は「別にいいけれど…どうして?竹脇ってサスケくんの本名なの?」とまるで、その意図を理解していなかったという。

脚注[編集]

[ヘルプ]