無線局の種別コード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

無線局の種別コード(むせんきょくのしゅべつコード)とは、総務省令無線局免許手続規則に基づく告示 [1] の別表第1号 無線局の種別コードに規定されたものである。

概要[編集]

無線局の免許申請時に記入するコードで電波法施行規則第4条にある無線局の種別ごとに規定している。

以下、2012年(平成24年)4月2日[2]現在のものを掲げる。

第1 基本コード[編集]

電波法施行規則第4条に定める無線局の種別の内、第1項のほぼすべてのものと第2項に基づく一部のものについて規定している。

項目 コード
固定局 FX
特定地上基幹放送局以外の地上基幹放送局 BB
特定地上基幹放送局 BC
特定地上基幹放送試験局以外の地上基幹放送試験局 BD
特定地上基幹放送試験局 BE
地上一般放送局 BG
海岸局 FC
航空局 FA
基地局 FB
携帯基地局 FP
無線呼出局 RP
陸上移動中継局 FBR
陸上局 FL
船舶局(特定船舶局を除く。) MS
特定船舶局 MSS
遭難自動通報局 DS
船上通信局 MB
航空機局 MA
陸上移動局 ML
携帯局 MP
移動局 MO
無線測位局 RN
無線航行陸上局 RL
無線航行移動局 RO
無線標定陸上局 LR
無線標定移動局 MR
無線標識局 RB
地球局 TC
海岸地球局 TI
航空地球局 TB
携帯基地地球局 TYP
船舶地球局 TG
航空機地球局 TJ
携帯移動地球局 TUP
宇宙局(人工衛星局を除く。) ME
人工衛星局 EKT
衛星基幹放送局 EV
衛星基幹放送試験局 EBE
非常局 EM
特定実験試験局 EXT
実験試験局 EX
実用化試験局 DVT
アマチュア局 AT
簡易無線局 CR
構内無線局 LO
気象援助局 SM
標準周波数局 SS
特別業務の局 SP

第2 補足コード[編集]

第1 基本コードに規定された種別の内、態様が大きく異なるものに特に規定したコードである。

項目 コード 備考
VSAT地球局 TS 地球局の一種
VSAT制御地球局 TT 地球局の一種
パーソナル無線 PA 簡易無線局の一種

沿革[編集]

1998年(平成10年) 無線局免許手続規則に規定された。 [3]

2004年(平成16年) 告示に規定されることとなった。 [4] [5]

脚注[編集]

  1. ^ 平成16年総務省告示第859号 無線局免許手続規則別表第2号第1等の規定に基づく無線局免許申請書等に添付する無線局事項書及び工事設計書の各欄に記載するためのコード(総務省電波利用ホームページ 総務省電波関係法令集)
  2. ^ 平成24年総務省告示第120号による改正
  3. ^ 平成10年郵政省令第105号による無線局免許手続規則改正
  4. ^ 平成16年総務省令第134号による無線局免許手続規則改正
  5. ^ 平成16年総務省告示第859号制定

関連項目[編集]