無責任遊侠伝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
無責任遊侠伝
監督 杉江敏男
脚本 池田一朗
製作 渡辺晋
安達英三朗
出演者 植木等
ハナ肇
谷啓
浜美枝
白冰
音楽 萩原哲晶
宮川泰
主題歌 「バクチは死んでもやめられない」(植木等)
撮影 完倉泰一
編集 小畑長蔵
製作会社 東宝
渡辺プロダクション
配給 東宝
公開 日本の旗 1964年7月11日
上映時間 87分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 香港クレージー作戦
次作 大冒険
テンプレートを表示

無責任遊侠伝』(むせきにんゆうきょうでん)は、1964年に制作されたクレージーキャッツ主演の映画。1964年7月11日公開。カラー。東宝スコープ。87分。

概要[編集]

香港クレージー作戦』に引き続き、香港マカオロケを行った[1]「作戦シリーズ」第4作。監督は『香港クレージー作戦』の杉江敏男がクレージー映画最後の担当となり、劇中に競馬場の客役でもカメオ出演した。

当初は『無責任遊侠伝 出たとこ勝負』というタイトルで、3月に公開する予定であったが、撮影中に植木等が病に倒れて制作が中断したうえ、彼の復帰第1作の座も『日本一のホラ吹き男』に譲る形となり、公開は7月11日まで遅れた。このため、本作の登場人物の着る衣装は、シーンによって冬服と夏服が混在している。

ヒロインは常連となった浜美枝、そしてサブヒロインとして当時の香港で売り出し中の新進女優・白冰が、谷の妹役で出演している。助演は『香港クレージー作戦』の淡路恵子有島一郎、そして『社長シリーズ』初期のバイヤー役で知られるジョージ・ルイカーがクレージー映画唯一の出演を果たしているほか、『若い季節』(映画版。古澤憲吾監督)でクレージー・浜・淡路・有島と共演経験があり、『ゴジラ』などの特撮作品でも知られる平田昭彦が、マカオマフィアのボス役でクレージー映画初出演となっている。

ストーリー[編集]

勝負事に負けたことの無いツイてる男上田ヒトシは、今日も仕事先でこれまたバクチが大好きな阿波商事の常務、花木と花嫁の靴やヒップのサイズなどで賭けをしていた。しかしそれが原因で結婚式をブチ壊しにしてしまい、クビになった上田。阿波商事に勤めるフィアンセ、カネ子や花木の再三の説得により、上田は嫌々ながらもサラリーマンをやる事になった。そんな折来日した大金持ちのバイヤー、ヘッケル氏との商談をお得意の賭け事でまとめた上田だったが、ヘッケルは契約金を持って姿を消してしまう。実はヘッケルはマカオの悪漢、張天玉の仲間で、初めから適当な会社から金を巻き上げるつもりで日本へ来ていたのだ。しかも張は上田が以前知り合った陳秀明、秀玉兄妹の経営するカジノを乗っ取ろうと企んでいるという。真相を知った上田や花木は、契約金と陳兄妹のカジノを取り返すためにマカオへ乗り込む。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

挿入歌[編集]

「バクチは死んでもやめられない」
作詞:塚田茂、作曲:萩原哲晶、歌:植木等
植木の歌「馬鹿は死んでも直らない」の替え歌。
「無責任数え唄」
作詞:塚田茂、作曲:萩原哲晶、歌:植木等
後に「だまって俺について来い」のB面になる同名の歌の原曲。

同時上映[編集]

悪の紋章
原作:橋本忍/脚本:橋本忍、広沢栄、堀川弘通/監督:堀川弘通/主演:山崎努

脚注[編集]

  1. ^ 本作DVDに音声特典として収録されている、淡路恵子によるオーディオコメンタリーによれば、『香港クレージー作戦』と本作の香港・マカオでのロケシーンは「2本撮りだったみたいなの」(淡路談)ということで、同時に撮影されていたようである。