無頼 人斬り五郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
無頼 人斬り五郎
監督 小澤啓一
脚本 池上金男、小澤啓一
原作 藤田五郎
音楽 坂田晃一
撮影 高村倉太郎
編集 井上治
制作会社 日活
公開 1968年11月2日
上映時間 88分
前作 無頼非情
次作 無頼 黒匕首
テンプレートを表示

無頼 人斬り五郎』(ぶらいより ひとぎりごろう)は、1968年11月2日に公開された日本の映画。製作は日活。無頼シリーズ第4作。

概要[編集]

五郎は林田と名振会に殴り込みをかけ入獄したが、林田は姉のしのぶを頼むと言い残して死んだ。 五郎は仮釈放の許可をもらい林田の故郷のしのぶの勤め先を探した。

キャスト[編集]

  • 藤川五郎 : 渡哲也
  • 磯村由紀 : 松原智恵子
  • 林田しのぶ : 小林千登勢
  • 与作 : 谷村昌彦
  • 石浜支部長・黒松 : 深江章喜
  • 石丸鉄男 : 岡崎二朗
  • 林田昌彦 : 藤竜也
  • 大羽:高宮敬二
  • 美津子:殿岡ハツエ
  • 宇野:杉江廣太郎
  • 前会長:大滝秀治
  • 磯村所長:伊藤寿章
  • 西条英子:秋とも子
  • 野村:雪丘恵介
  • ホテルの人事係: 河上喜史朗
  • 医者: 久遠利三
  • 柴田:長浜鉄平
  • バーのマスター:市村博
  • 山岡: 吉田武史
  • ストリップ劇場のもぎり : 森みどり
  • サロンの女将: 堺紀美子
  • 石浜支部組員:田畑善彦
  • 辻: 中平哲仟
  • 水原一家子分:式田賢一、 岩手征四郎、 根本義幸
  • 塚口: 高橋明
  • 名振会組員:溝口拳
  • 石浜支部組員: 大前田武、小島克己
  • 少女時代の由紀: 沢真理
  • 刺青: 河野弘
  • 技斗: 渡井嘉久雄
  • 白山同介:佐藤慶
  • 海藤賢作:小池朝雄
  • 牧野昇次:南原宏治
  • 以下ノンクレジット
  • 前会長の用心棒: 熱海弘到
  • 医務官: 伊豆見英輔
  • 囚人: 白井鋭
  • 刑務官: 伊達満、 吉田勇男
  • 囚人:青木敏夫、谷口芳昭、賀川修嗣、菅原義夫
  • ストリップの客: 上原一二三、小林亘、 千代田弘
  • ダンサー:西原泰江
  • 石浜支部組員: 榊功、水川国也、有村道宏
  • サロンの男:土田義雄
  • サロンの女: 橘田良江
  • サロンの男:市原久
  • 誘う女:中庸子
  • 話しかける男: 井田武、北上忠行
  • 駅員:三樹高雄

スタッフ[編集]

同時上映[編集]

『BG・ある19才の日記 あげてよかった』