焼き場に立つ少年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
画像外部リンク
『焼き場に立つ少年』
産経新聞

焼き場に立つ少年』(やきばにたつしょうねん、: The Boy Standing by the Crematory[1] ; The Boy of Cremation Site[2])は、アメリカ人カメラマンのジョー・オダネルが撮影したとされる写真である[3][4][5][6]。原題は、「焼き場にて、長崎 1945年」(: Cremation Site, Nagasaki 1945)である[7]

概要[編集]

10歳くらいと思われる少年が、口を固く結びながらまっすぐに立っており、視線をまっすぐ前に向けている[6]。少年は、目を閉じた幼児を背負っている。この幼児は少年の弟で、すでに息を引き取っており、少年は火葬の順番を待っているものとされる[6][8]

少年の身元は、明らかになっていない[9]。この写真が撮影された時期について、美術史研究家の吉岡栄二郎は、1945年(昭和20年)10月6日もしくは7日頃ではないか、と推定している[10]。撮影された場所は、長崎であるとされているが、長崎のどこであるかが明らかになっていない一方で、長崎ではないのではないか、とする指摘もある [9][11]。少年の上着の着合わせや名札を付ける位置から、この写真が裏焼きである可能性が指摘されている[9]。少年の足元にある境界標石に刻まれている文字については、「縣」の文字である可能性が指摘されている[12]。また、少年の足元には、ケーブルが3本敷かれている[13]

由来[編集]

1945年、オダネルが川岸の火葬場において『焼き場に立つ少年』を撮影する[11]。1946年、帰米後、オダネルは『焼き場に立つ少年』を含む写真フィルムをトランクの中にしまい込み、封印する[14][11]。1989年、アメリカ国内で反核運動が展開される中、オダネルは、ケンタッキー州にある教会において、原爆による被爆者の像を目にし、核の恐怖を伝えていく決意を固め、およそ43年ぶりにトランクを開ける[14][11][6]

2007年7月、長崎県美術館で催された展示会で、『焼き場に立つ少年』が特別展示される[11][6]。同年10月、『焼き場に立つ少年』が長崎市に寄贈され、長崎原爆資料館に展示される[11][6]。2017年の年末、ローマ教皇のフランシスコが、この写真を印刷したカードを、署名と「戦争がもたらすもの」という言葉を添えて、世界の教会に配布するように指示を出す[8][6]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “Pope urges abolition of nuclear weapons at Japan's ground zeros”. ロイター. (2019年11月24日). https://jp.reuters.com/article/us-pope-japan/pope-urges-abolition-of-nuclear-weapons-at-japans-ground-zeros-idUSKBN1XX0PG 2019年11月30日閲覧。 
  2. ^ 『『焼き場に立つ少年』は何処へ』 2017.
  3. ^ 長崎市へのご意見・ご提案等の紹介”. 長崎市 (2018年1月). 2019年11月30日閲覧。
  4. ^ “「焼き場に立つ少年」写真を撮った人の息子にローマ教皇が会う”. 日本放送協会. (2019年11月26日). https://www3.nhk.or.jp/news/easy/k10012189231000/k10012189231000.html 2019年11月30日閲覧。 
  5. ^ “お母さんに会えたのかい 原爆の地に立つ少年”. 日本放送協会. (2019年8月9日). https://www3.nhk.or.jp/news/special/senseki/article_22.html 2019年11月30日閲覧。 
  6. ^ a b c d e f g “ローマ教皇 「焼き場に立つ少年」の写真家の家族にあいさつ”. 日本放送協会. (2019年11月24日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191124/k10012189231000.html 2019年11月30日閲覧。 
  7. ^ 『『焼き場に立つ少年』は何処へ』 2017, p. 2.
  8. ^ a b ローマ教皇来日記念 ジョー・オダネル写真展「戦争がもたらすもの」 開催中です”. 上智大学 (2019年11月18日). 2019年11月30日閲覧。
  9. ^ a b c 「焼き場に立つ少年」の写真は“裏焼き”か 原爆投下の長崎”. 日本放送協会 (2019年6月27日). 2019年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月19日閲覧。
  10. ^ 『『焼き場に立つ少年』は何処へ』 2017, p. 49.
  11. ^ a b c d e f 『『焼き場に立つ少年』は何処へ』 2017, 「ジョー・オダネル 年譜」.
  12. ^ 『『焼き場に立つ少年』は何処へ』 2017, p. 32.
  13. ^ 『『焼き場に立つ少年』は何処へ』 2017, p. 34.
  14. ^ a b 『『焼き場に立つ少年』は何処へ』 2017, p. 11.

参考文献[編集]

  • 吉岡栄二郎『『焼き場に立つ少年』は何処へ - ジョー・オダネル撮影『焼き場に立つ少年』調査報告』長崎新聞社、2017年6月。ISBN 978-4-86650-002-7。