焼夷剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索

焼夷剤(しょういざい、英:Incendiary agent)とは可燃性の物質を発火炎上させることを目的とした化学兵器である。

大きく分けて二種類あり、一つは自分自身がガソリンなどの強燃性の物質で出来ていて激しく燃える物で、ナパーム弾火炎放射器がこれに該当する。もう一つは、触れた物体と化学反応を起こして高温を発することで付着した物体を発火させるタイプである。 後者は実戦では用いられていないが、三フッ化塩素などのガスを噴射して対象物を腐食、炎上させる兵器がドイツで研究されていた。

しかし、焼夷剤については、火薬で目標を破壊するような通常兵器と区別する必要はなく、今日では化学兵器に含まれないという見解が有力である[1]。ただし、特定通常兵器使用禁止制限条約の附属議定書によって、民間人や人口密集地に対する使用が制限されている。

脚注

  1. ^ 小林直樹「化学戦」『知られざる特殊兵器』学習研究社〈歴史群像アーカイブ〉、2008年、68頁。

関連項目



過去1時間の間にもっとも読まれた記事
大渕愛子 デニス・テン 樹木希林 松本龍 (政治家) 宮沢りえ 本田恭章 阿佐ヶ谷姉妹 杉浦稔大 新山千春 第100回全国高等学校野球選手権記念大会 ドバイ 中川翔子 水川あさみ 前田敦子 清原果耶 秋篠宮佳子 こぐれ修 白石麻衣 中川勝彦 乳房縛り
「焼夷剤」のQ&A
1  焼夷弾、焼夷爆弾、どういう違いがあるのでしょ…
2  ゲル化ガソリンって
3  100m届く火炎放射機について
モバイル版goo wikipedia提供中!
↓↓↓下記QRコードからアクセス↓↓↓
モバイル版goo wikipedia QRコード
Wikipedia記事検索について