焼田党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

焼田 党(やきた あきら、1952年 - )は、日本経済学者南山大学教授。専門はマクロ経済学公共経済学

富山県出身。1975年上智大学経済学部卒業、1977年名古屋大学大学院経済学研究科修士課程修了、1993年「公共支出、税およびインフレーション 世代重複モデルによる分析」で名古屋大学経済学博士。名古屋大学経済学部助手、福岡大学経済学部助教授、三重大学人文学部教授、中京大学経済学部教授、筑波大学システム情報工学研究科教授、2009年名古屋市立大学経済学研究科教授。2014-16年経済学研究科長。2016年南山大学経済学部教授。

共編著[編集]

  • 『公共経済学研究 3』白井正敏,釜田公良共編著 勁草書房 中京大学経済学部付属経済研究所研究叢書 2001
  • 『ベーシック応用経済学』福重元嗣,細江守紀,薮田雅弘共編 勁草書房 応用経済学シリーズ 2015

論文[編集]

Okuno and Yakita (1981), "Public investment and income distribution: a note," Quarterly Journal of Economics, 96, 171-176.

Yakita (1989), "The optimal rate of inflation and taxation," Journal of Public Economics, 38, 369-385.

Yakita (2008), "Sustainability of public debt, public capital formation, and endogenous growth in an overlapping generations setting," Journal of Public Economics, 92, 897-914.

Hirazawa, Saito, Yakita (2011), "Effects of international sharing of pollution abatement burdens on income inequality among countries," Journal of Economic Dynamics and Control, 35, 1615–1625.

受賞[編集]

クズネッツ賞 Hirazawa and Yakita (2009), "Fertility, child care outside the home, and pay-as-you-go social security," Journal of Population Economics, 22, 565-583に対して。