煤竹色

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
煤竹色 (すすたけいろ)
 
16進表記 #6f514c

煤竹色(すすたけいろ)は、で煤けたの色を模した、暗い赤褐色

江戸時代中期以降に登場した若竹色、青竹色に先んじて室町時代頃に登場し、江戸時代前期に流行した色である。

概要[編集]

元文年間、享保年間、宝暦年間ごろに着物の裏地や帯の色として好まれた。

派生色に、銀煤竹(ぎんすすたけ:淡い煤竹色)、柳煤竹(やなぎすすたけ:緑がかった煤竹色)、藤煤竹(ふじすすたけ:紫がかった煤竹色)などがある。

『色道大鏡』では、男性の着物の色として呂色と煤竹色が勧められており、当時好まれた色だったことが分かる。

参考文献[編集]

  • 福田邦夫『すぐわかる 日本の伝統色』東京美術 ISBN 4-8087-0784-5
  • 吉岡幸雄『日本の色辞典』紫紅社 ISBN 4-87940-549-3