熊の湯信号場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
熊の湯信号場
くまのゆ
Kumanoyu
仁山信号場 (1.3km)
(4.5km) 大沼
所在地 北海道亀田郡七飯町字仁山
所属事業者 日本国有鉄道(国鉄)
所属路線 函館本線
キロ程 22.5km(函館起点)
駅構造 地上
ホーム なし
開業年月日 1962年昭和37年)7月25日
廃止年月日 1966年(昭和41年)9月30日
テンプレートを表示
1977年の熊の湯信号場跡と周囲約1km範囲。中央より左側の上から下へ函館本線上り線、下が仁山信号場方面。右側の下から上へ下り線(藤城支線)、下が七飯駅方面。写真中央の下り線から国道5号の上を越えて斜め左下の上り線へ接続していた跡が白く残る。この接続点に当信号場があった。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

熊の湯信号場(くまのゆしんごうじょう)は、北海道亀田郡七飯町字仁山にあった日本国有鉄道(国鉄)函館本線信号場廃駅)である。藤城線(七飯 - 大沼間の下り別線)開通に伴い、1966年昭和41年)に廃止された。

概要[編集]

仁山 - 大沼間の峠下トンネルが老朽化したため、新たに新峠下トンネルと新線が建設されて仁山から1.3kmの地点で切り替えられ、峠下トンネル側の旧線は一旦廃止された。その後増大する輸送量に線路容量が追いつかなくなったため、旧線と旧トンネルを補修し線形を整えて上り線(函館方面)として復活させ、大沼から切り替え地点まで部分的に複線化した際、その切り替え地点へ暫定的に設置されたのが当信号場である[1]。その後建設再開された藤城線は、新峠下トンネルの新線側と接続して下り本線となる(従来とは上下が逆になったことになる)一方で、仁山まわりの旧線とは切り離されたため当信号場は用途を失い廃止された。

歴史[編集]

信号場構造[編集]

仁山方面単線区間と大沼方面複線区間の接点に設けられた、仁山方面列車行き違い形の信号場である。無人の信号場で、分岐器制御は仁山信号場(仁山仮乗降場)からの遠隔操作により行われた[1]

信号場名の由来[編集]

近くにあった熊の湯温泉から。この地方のアイヌの伝承には「その昔、若者が狩りで山奥へ分け入ると、とある谷で熊が湯に浸かっていた。若者は大層驚いてこれを射殺すべく毒矢を放ったが、外れたため逆に襲われ格闘となった。若者は腰のマキリで熊を殺したが深い傷を負って気絶した。彼の住むコタンでは帰ってこない若者を心配して手分けして探しに行き、若者を見つけて介抱するとようやく気づき、経緯を話して自分も試みに湯に浸かってみると、さしもの重い傷もみるみる治って全快した。」という物語があって、これが熊の湯の名前の由来となっている[4]

隣の駅[編集]

日本国有鉄道(国鉄)
函館本線(当信号場廃止時点)
仁山信号場 - 熊の湯信号場 - *(小沼信号場)[5] - 大沼駅
*:打消線は廃止信号場(廃止時点では、当信号場は未開設で、大沼駅は「軍川駅」であった。)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 札幌工事局70年史 1977年3月発行 P164-167。
  2. ^ 停車場変遷大事典 国鉄・JR編 II JTB出版 1998年10月発行。
  3. ^ a b 『道南鉄道100年史 遥』 北海道旅客鉄道函館支社 2003年2月発行
  4. ^ 七飯町史 1976年11月発行 P1130。
  5. ^ 函館駅起点22.5km地点。1943年(昭和18年)9月30日開設、1948年(昭和23年)7月1日廃止。