熊本城周遊バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
熊本城周遊バス「しろめぐりん」

熊本城周遊バス(くまもとじょうしゅうゆうバス)は、熊本都市バスが運行する熊本市内の観光バスである。愛称は「しろめぐりん」。

概要[編集]

熊本城周遊バスは、1993年熊本市において火の国フェスタ・くまもと'93が開催されるのを前に、熊本城観光活性化の一環として熊本県と熊本市ならびに同市の外郭団体である市国際コンベション協会との3者共同事業として1992年4月18日より熊本市交通局(熊本市営バス)によって運行開始されたのが始まりである。その後、2006年に同市が民間運行事業者への路線移譲・委託を決定し、同年10月1日より九州産交バスによる運行に変更され、さらに2011年10月1日からは熊本都市バスによる運行に変更された[1]

尚、都市バス本山営業所(後述参照)への再移管後は女性運転士が担当する便も多くなっており(2015年3月時点では4人が担当していた)、2017年現在においても女性運転士の少ない熊本県のバス業界においては貴重な存在である。

  • 熊本市営バス時代の愛称は、現在の愛称とは異なり「むさし」と「とおりゃんせ」という愛称だった。現在の愛称になったのは、最初に運行会社が変更された日(2006年10月1日)からである。
    • 現在の愛称である「しろめぐりん」は、一般市民からの公募によって決められたものである。因みに過去の「むさし」・「とおりゃんせ」も一般市民からの公募によって決められている。
  • 車両は、熊本市営バスにおいて外観・内装ともにレトロ調を施した専用車両が2台新規導入され運行開始した(車両都合時においては中型の一般路線車が代走していた)。2006年に運行会社が変更されたのに合わせて車両も小型の新型車両に一新されたが、熊本市営バス時代に使用していた車両も運行会社変更に伴って移管し、予備車扱いとして一部で使用されていたが、現在は2台共に廃車となっている[2]
  • 2008年4月期は、熊本城築城400年祭・エピローグが開催されている影響で、過去最高の約1万人が乗車した。同年5月のゴールデンウィーク期間中においては、5月4日の乗車数が812人だった(1日の乗客数では過去最高を記録)[3]
  • 現在は一部停留所でコロッケによるものまねアナウンスがある。

沿革[編集]

  • 1992年4月18日 - 運行開始。
  • 2006年9月30日 - 熊本市営バスによる運行終了。同日「熊本城直行シャトルバス」も廃止。
  • 2006年10月1日 - 熊本市営バスから九州産交バスによる運行開始。新型車両も投入され、「熊本城直行シャトルバス」と統合し、路線も変更された。
  • 2011年3月5日 - 熊本城「桜の馬場 城彩苑」開業に合わせて、同施設を周回する路線に変更。
  • 2011年9月30日 - この日を以って九州産交バスによる運行を終了。
  • 2011年10月1日 - 運行会社が九州産交バスから熊本都市バスに移管。運行ルート・運行本数・運賃などは変わらない。
  • 2014年10月1日 - ルート見直し(往路・復路ともに熊本交通センターを経由)に伴いダイヤ改正(1日27便から22便へ減便)[4]
  • 2016年4月15日 - 前日に発生した熊本地震の影響により全便運行見合わせ。16日本震で熊本城をはじめその周辺道路や観光施設などが甚大な被害を受けたため暫く運休していたが、5月3日より運行再開となった。ただし、熊本城・その周辺施設が未だに復旧の見通しが立っていないため、当面の間は「桜の馬場 城彩苑」折返し(26分間待機)とし、熊本城・二の丸駐車場~市役所前の区間は休止となる[5]。同年8月2日より通常の運行ルートでの体制に戻る。

所要時間・運賃・運行会社[編集]

  • 所要時間:65分
  • 運賃:大人150円(身障者80円)・子供80円(身障者40円)
  • しろめぐりん専用一日乗車券:大人400円・子供200円
  • 運行会社:熊本都市バス 
熊本市交通局が運行していた頃は本山営業所上熊本営業所が、九州産交バスが運行していた頃は熊本営業所が担当していた。

停車停留所[編集]

現在(2014年10月1日 - )[編集]

過去(2011年3月5日 - 2014年9月30日)[編集]

  • 熊本駅前 - ANAクラウンプラザホテル熊本ニュースカイ[6] - 河原町 - 交通センター6番のりば - 桜の馬場 城彩苑 - 熊本城・二の丸駐車場 - 子ども文化会館前 - 博物館・旧細川刑部邸前 - 家庭裁判所KKRホテル熊本前 - 県立美術館分館前 - ホテルキャッスル前 - 市役所前 - 桜の馬場 城彩苑 - 段山 - 蔚山町 - 新町 - 中唐人町 - ANAクラウンプラザホテル熊本ニュースカイ - 熊本駅前

過去(2006年10月1日 - 2011年3月4日[編集]

  • 熊本駅前 - 熊本全日空ホテルニュースカイ前 - 河原町 - 交通センター6番のりば - 熊本城・二の丸駐車場 - 子ども文化会館前 - 博物館・旧細川刑部邸前 - 県伝統工芸館前 - 県立美術館分館前 - 壺井橋 - 通町筋 - 市役所前 - 交通センター19番のりば - 河原町 - 熊本全日空ホテルニュースカイ前 - 熊本駅前

過去(1992年4月18日 - 2006年9月30日)※熊本市交通局運行時代[編集]

  • 交通センター6番のりば - 熊本城・二の丸駐車場 - 子ども文化会館前 - 博物館・旧細川刑部邸前 - 県伝統工芸館前 - 県立美術館分館前 - 熊本ホテルキャッスル前 - 市役所前 - 交通センター6番のりば
    • 運行開始時においては上記の周遊コースとともに交通センター - 熊本城直通便の2コースが存在したが、1999年頃に直通便は廃止され周遊コースのみとなった。その後、2004年10月より一般車両を使用した別系統の「熊本城直行シャトルバス」(熊本駅 - 交通センター - 熊本城)が2006年9月末まで土・日・祝日のみの運行として事実上復活している。

使用車両(2017年10月現在)[編集]

かつての熊本城周遊バス専用車 旧「とおりゃんせ」

過去の使用車両[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ ~熊本城周遊バス「しろめぐりん」運行会社について~ 平成23年10月1日から熊本都市バス(株)が運行 (PDF)”. 九州産交バス (2011年8月26日). 2011年8月26日閲覧。[リンク切れ]
  2. ^ 旧「むさし」は九州産交バス運行時代に廃車。廃車体は元の塗装のまま九州産交整備の敷地内に現在も留置。旧「とおりゃんせ」はのちにしろめぐりんカラーに塗り替えられ、2017年頃まで使われていた。
  3. ^ 熊本日日新聞 2008年5月13日紙面
  4. ^ 熊本城周遊バスの運行ルート等が変わります 2014年9月11日 (熊本市)
  5. ^ 震災に伴う熊本城周遊バス「しろめぐりん」 運行再開(一部休止)についてのお知らせ (PDF)”. 熊本都市バス (2016年5月2日). 2016年6月23日閲覧。[リンク切れ]
  6. ^ a b 2014年3月31日までは停留所名が「熊本全日空ホテルニュースカイ前」だった。

関連項目[編集]