熊本県サッカーリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
熊本県サッカーリーグ
加盟国 日本の旗 日本熊本県
創立 1966
ディビジョン 3部制
参加クラブ 1部 : 9
2部 : 9×2
地域 :チャレンジリーグ 9×4
エンジョイリーグ 9×1、8×2
リーグレベル 第6〜7部
上位リーグ 九州サッカーリーグ
最新優勝クラブ 1部 : 嘉島SC
2部 : DMC JOY、FC Tenri 2016
3部 : S.C.DESSPA. 、旭ヶ丘クラブ (2017年)
公式サイト 奈良県社会人サッカー連盟

熊本県サッカーリーグ (くまもとけんしゃかいじんサッカーリーグ)とは、全国の各都道府県にあるサッカーの、社会人を対象とする都道府県リーグのひとつ。熊本県のクラブチームが参加するリーグである。

概要・レギュレーション[編集]

熊本県サッカーリーグは3部構成で構成される(2018年度)。

  • 1部 (9チーム)
  • 2部 (9チーム×2組=18チーム)
  • 地域ブロック
チャレンジリーグ (9チーム×4組=36チーム)
エンジョイリーグ (9チーム×1組+8チーム×2組=25チーム)

地域ブロックとして、2部入りを目指すチャレンジリーグと、目指さないエンジョイリーグがある。

各リーグは1回戦の総あたりで行われる。

昇格に関して[編集]

1部の1位は九州各県リーグ決勝大会の参加権利を得る。同大会優勝で九州サッカーリーグに自動昇格、準優勝で9位チームと入れ替え戦を行う。

2部各ブロック1位が1部に自動昇格、各ブロック2位が1部チームと入れ替え戦を行う。

地域リーグ上位チームはトーナメントを行い、代表決定戦に勝利したチームが2部へ昇格、敗退したチームが2部チームと入れ替え戦を行う。

なお、昇降格に関しては、JFL・九州サッカーリーグの昇格降格数により変更があり、詳しくは社会人委員会により協議のうえ決定する。

熊本県1部リーグ (2018年度)[編集]

熊本県2部リーグ (2018年度)[編集]

歴代優勝クラブ[編集]

1部リーグ[編集]

年度 クラブ名 九州各県リーグ決勝大会での成績
1999 ランザ熊本 準優勝、Kyuリーグ昇格
2000 熊本教員蹴友団 初戦敗退
2001 熊本教員蹴友団 準優勝、Kyuリーグ昇格
2002 相互電工北部クラブ 初戦敗退
2003 北熊本自衛隊 準優勝、入れ替え戦敗退
2004 熊本教員蹴友団 準決勝敗退
2005 熊本教員蹴友団 準決勝敗退
2006 熊本教員蹴友団 優勝、Kyuリーグ昇格
2007 ヴァンクール熊本FC 準優勝、Kyuリーグ昇格
2008 ダイナマイツ八代 準決勝敗退
2009 熊本教員蹴友団
2010 熊本教員蹴友団
2011 熊本教員蹴友団
2012 シマズ自動車
2013 嘉島サッカークラブ
2014 熊本教員蹴友団
2015 熊本教員蹴友団
2016 ダイナマイツ八代
2017 熊本教員蹴友団
2018 嘉島サッカークラブ