熊本県教員蹴友団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
熊本県教員蹴友団
原語表記 熊本県教員蹴友団
呼称 熊本教員蹴友団
愛称 熊本教員団
クラブカラー     
創設年 1923年
所属リーグ 九州サッカーリーグ
ホームタウン 熊本県熊本市
ホームスタジアム Suizenji1.jpg熊本市水前寺競技場
Kumamoto sports park.jpg熊本県民総合運動公園補助競技場
県営八代運動公園陸上競技場
観音山総合運動公園多目的広場
収容人数 15,000(水前寺)
8,000(熊本県補)
1,000(八代陸上)
500(観音山)
代表者 安永耕治 (部長)
監督 青木太
公式サイト 公式サイト
■テンプレート(■ノート)サッカークラブPJ

熊本県教員蹴友団(くまもとけん きょういんしゅうゆうだん)は、熊本県熊本市を本拠地とする社会人サッカーチームである。

歴史[編集]

1923年に創設された熊本県第二師範学校のサッカー部がルーツとされる[1]

1971年第7回全国社会人サッカー選手権に初出場。

1973年九州サッカーリーグの創設と同時に加盟。1977年に初のリーグ優勝を果たし、この年創設された第1回全国地域リーグ決勝大会に出場。

16シーズンに渡って九州リーグに参戦し続けてきたが、1988年に最下位となり熊本県リーグへ降格となった。同年は全国社会人サッカー選手権でベスト8に進出している。

1991年に九州リーグに復帰し8シーズン在籍したが、1998年に最下位となり再び県リーグに降格。

2000年第21回全国教員サッカー選手権では準優勝に輝く。

2002年1月の九州各県リーグ決勝大会沖縄かりゆしFCに次ぐ準優勝。プロフェソール宮崎FCJFL昇格に伴い、入替戦を経ることなく九州リーグ復帰を果たす。しかしリーグ戦では得失点差でわずかに及ばず最下位となり、1年で県リーグに降格となった。

2006年は県リーグ1部を3連覇すると、九州各県リーグ決勝大会でも優勝を果たし、5年ぶりの九州リーグ復帰を決める。しかし2007年の九州リーグではわずか2勝・リーグ最少の12得点に終わり、11チーム中10位でまたも1年で県リーグに降格となった。最後の開催となった同年の第28回全国教員サッカー選手権ではベスト4であった。

2011年第91回天皇杯全日本サッカー選手権大会に初出場。県リーグ1部でも3連覇を果たしたが、九州各県リーグ決勝大会では初戦で延岡市SCに敗れる。

2015年は県リーグを連覇すると、九州各県リーグ決勝大会でも準優勝。入替戦で九州リーグ9位の佐賀LIXIL FCを1-0で破り、9年ぶりに九州リーグ復帰を果たした。

2019年はリーグ戦前期4位と健闘し、31年ぶりに全国社会人サッカー選手権に出場を果たす。

戦績[編集]

年度 所属 順位 勝点 試合 勝(PK勝) 敗(PK敗) 得点 失点 得失
1973 九州 5位 7 6 3 1 2 15 13 2
1974 7位 4 7 1 2 4 13 17 -4
1975 2位 10 7 4 2 1 22 15 7
1976 6位 7 7 3 1 3 10 9 1
1977 優勝 12 7 6 0 1 15 8 7
1978 7位 6 7 3 0 4 9 11 -2
1979 5位 8 7 4 0 3 11 13 -2
1980 8位 5 7 1 3 3 10 20 -10
1981 5位 6 7 3 0 4 11 14 -3
1982 6位 11 9 5 1 3 20 17 3
1983 8位 8 9 4 0 5 24 29 -5
1984 6位 9 9 3 3 3 17 14 3
1985 3位 12 9 5 2 2 27 18 9
1986 6位 8 9 4 0 5 14 19 -5
1987 5位 10 9 4 2 3 17 12 5
1988 10位 4 9 1 2 6 14 18 -4
1991 九州 6位 25 20 7 4 9 47 55 -8
1992 5位 20 18 6 2 10 43 51 -8
1993 7位 21 18 6 3 9 35 46 -11
1994 7位 16 18 5 1 12 28 51 -23
1995 7位 18 18 3 (4) - 10 (1) 20 40 -20
1996 7位 15 16 4 (1) - 10 (1) 17 40 -23
1997 7位 21 18 5 (3) - 10 (0) 24 36 -12
1998 10位 13 18 3 (1) - 12 (2) 27 47 -20
2000 熊本県1部 優勝
2001 優勝
2002 九州 10位 14 18 3 (1) - 11 (3) 23 48 -25
2003 熊本県1部
2004 優勝 28 10 30
2005 優勝 26 9
2006 優勝 25 9 7 (2) - 0 (0) 32 8 24
2007 九州 10位 6 20 2 (0) - 18 (0) 12 57 -45
2008 熊本県1部 2位 23 9 8 (0) - 1 (0) 29 5 24
2009 優勝 24 9 8 0 1 37 10 27
2010 優勝 24 9 8 0 1 31 10 21
2011 優勝 21 9 7 0 2 46 11 35
2012 2位 17 7 5 1 1 31 8 23
2013 3位 17 7 5 (0) - 2 (0) 16 6 10
2014 優勝 18 7 6 (0) - 1 (0) 19 5 14
2015 優勝 17 7 6 (1) - 1 (0) 21 8 13
2016 九州 6位 12 9 3 (1) - 4 (1) 22 22 0
2017 8位 21 20 5 (1) - 10 (4) 25 45 -20
2018 4位 26 18 8 (0) - 8 (2) 23 31 -8
2019 4位 27 18 9 (0) - 9 (0) 30 44 -14
2020 新型コロナウイルスの影響によりリーグ戦中止

天皇杯[編集]

出場3回(2019年現在)
年月日 ラウンド 会場 得点 対戦相手
91 2011年9月3日 1回戦 生目の杜 1 - 5 宮崎産業経営大学
94 2014年7月6日 1回戦 大津町球 0 - 2 FC琉球
97 2017年4月23日 1回戦 えがおS 0 - 4 松江シティFC

タイトル[編集]

リーグ戦[編集]

所属選手・スタッフ[編集]

2020年

スタッフ[編集]

役職 名前 前職 備考
監督 日本の旗 青木太 熊本大学 選手兼監督
ヘッドコーチ 日本の旗 宮田勇 熊本県教員蹴友団 選手
コーチ 日本の旗 下先和久 熊本県教員蹴友団 選手
GKコーチ 日本の旗 中村嘉明 熊本県教員蹴友団 選手
アドバイザー 日本の旗 小薗憲明 玉川大学 元監督

選手[編集]

Pos No. 選手名 前所属 備考
GK 1 日本の旗 宮本朋輝 熊本大学
19 日本の旗 福邑健仁 ロッソ熊本
50 日本の旗 原利洋 オーストラリアの旗 ウェスト・アデレードSC英語版
DF 2 日本の旗 肝付英臣 熊本大学
3 日本の旗 隅田純一 嘉島サッカークラブ
4 日本の旗 片山勇二 九州共立大学
16 日本の旗 日元大貴 国際武道大学
18 日本の旗 杉本良二 大阪体育大学
20 日本の旗 益田良介 熊本大学
22 日本の旗 永田一真 横浜GSFCコブラ
MF 7 日本の旗 上園拓也 サウルコス福井
9 日本の旗 志水貴彦 熊本大学
10 日本の旗 大塚翔太 水戸ホーリーホック
11 日本の旗 小野耕平 熊本東陵高校
13 日本の旗 大塚寛史 佐賀大学
14 日本の旗 塩田涼 熊本大学
15 日本の旗 山城朋大 福岡教育大学
21 日本の旗 横山弘毅 愛知学院大学
34 日本の旗 富永圭一 福岡教育大学
77 日本の旗 宮田勇 九州松下電器サッカー部
FW 5 日本の旗 青木太 熊本大学 選手兼監督
8 日本の旗 鈴木田一喜 福岡大学
17 日本の旗 堤隆裕 アルテリーヴォ和歌山
23 日本の旗 中山恵太 住吉クラブ

ユニフォーム[編集]

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st)
FP(2nd)
GK(1st) グレー グレー グレー
GK(2nd)
FP 1st
FP 2nd
GK 1st
GK 2nd

クラブカラー[編集]

  •     

ユニフォームスポンサー[編集]

掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考
なし - -
なし - -
背中上部 なし - -
背中下部 なし - -
パンツ なし - -

ユニフォームサプライヤー[編集]

出典[編集]

  1. ^ 第91回天皇杯(チーム紹介)”. 共同通信社 (2011年10月25日). 2018年3月4日閲覧。