熊本県立八代東高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
熊本県立八代東高等学校
Yatsushirohigashi High school.jpg
過去の名称 熊本県立八代高等学校定時制
熊本県立城南高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 熊本県
校訓 向学・敬愛・礼節
設立年月日 1951年4月1日
共学・別学 男女共学
課程 全日制
単位制・学年制 学年制
設置学科 商業科
情報会計科
普通科体育コース
学期 3学期制
高校コード 43133J
所在地 866-0866
熊本県八代市鷹辻町4-2
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

熊本県立八代東高等学校(くまもとけんりつ やつしろひがしこうとうがっこう)は、熊本県八代市鷹辻町にある県立高等学校。県南の強豪の1つとして知られている野球部が、2007年第89回全国高等学校野球選手権大会に熊本代表として34年ぶりの出場を果たした。八代市内では唯一の商業を専門として採り入れている学校である。校名は、太陽が東から上るように太陽のような存在の学校を目指して付けられた。校名に「商業高等学校」と入っていないのは古くから伝わる部活動等の伝統を守るためとされている。 2011年をもって創立60周年記念を迎える。

学科・コース[編集]

全日制課程 定時制課程
商業科 普通科
情報会計科
普通科体育コース
  • 学科は全日制3学科、定時制1学科の全4学科。商業に関する授業を専門的に行いビジネスのスペシャリストを目指す商業科、情報処理と会計(簿記等)を行い、IT時代のコンピューターエキスパート・企業の財務経理部門のスペシャリストを目指す情報会計科、体育専攻に普通教育を行いスポーツのスペシャリストを目指す、普通科体育コースの4学科で全日制課程を構成している。情報ビジネス科は平成22年より募集を停止し、情報会計科へと学科名を変更。普通科体育コースは専攻時間を設けており、特定の曜日の午後からは授業の扱いで部活動を行うこととなっている。

定時制課程は主に夜間に授業を行っており、授業が終わってからスポーツを部活動として行うこともある。 普通科体育コースは専攻時間があるため、専攻を選択できる部活動(バドミントン剣道野球ソフトボール陸上)に入部する条件で入学を認められる。

沿革[編集]

  • 1951年(昭和26年)4月1日 - 熊本県立八代高等学校定時制課程が独立し、県立城南高等学校が創立。
  • 1954年(昭和29年)4月1日 - 熊本県立八代東高等学校と校名を改称。
  • 1955年(昭和30年)7月26日 - 校歌制定。
  • 1980年(昭和55年)4月1日 - 全日制 旧普通科募集停止。
  • 1991年(平成3年)4月1日 - 全日制 普通科(体育コース)新設。
  • 2003年(平成15年)4月1日 - 情報科を情報ビジネス科に学科名を変更。国際科募集停止。
  • 2010年(平成22年)4月1日 - 情報ビジネス科募集停止。情報会計科を新設。

部活動[編集]

八代東高等学校の部活動は文化系・体育系問わず様々な方面で活躍している。体育系では全国大会レベルの部もあり、文化系でも全国大会出場などの経歴を持つ部がある。学校自体としては「文武両道」を目標としており、学校全体で文武両道を実現させているといえる。

部訓は「正々堂々」。同部の卒業生は、全日本選手権大会優勝や学生選手権などの各大会でも優勝、指導者としても多数活動している。

  • ソフトボール部
    「マナー一流・雑用一流・プレー一流」を部訓として活動している。
    • 平成12年・13年・14年・18年・19年-全国高等学校総合体育大会 5回 出場
    • 平成13年・14年・18年・19年-全国選抜大会 4回 出場
    • 九州高等学校ソフトボール選手権大会 優勝 1回
    • 春季九州高等学校ソフトボール選抜大会 優勝 1回
    • 平成13年・14年・18年-全国高等学校ソフトボール選抜大会 3位 3回

また、卒業生には世界選手権に出場した選手もいる。

  • バドミントン部
    「克己」の精神を基に活動をしており、そのレベルは全国でも指折り。卒業生は世界選手権や指導者など数多くの著名人がいる。
    • 熊本県高等学校総合体育大会 12連覇
    • 九州高等学校総合体育大会 優勝 12回
    • 平成8・10年度全国高校学校総合体育大会 優勝
    • 平成19年度全国高等学校総合体育大会 団体戦 準優勝
  • 簿記部
  • コンピュータ部

著名な卒業生[編集]

東高マーケット[編集]

  • 東高マーケットとは、八代東高校生が毎年12月初頭に八代市ハーモニーホールを借り切って行う販売実習である。様々な民間の企業・店舗より商品等を仕入れ、販売実習を行う。売上の一部の寄付も行っている。「社長」の位を教師がもち、それに各学年の各クラスの代表者数人が各店舗を受け持ち「店長」の立場につき、それについで「経理」「販売」「仕入」など各部署に分かれてマーケットが構成される。八代市の地域振興の機会となっており、市民にはよき交流の場となっている。

マーケット実施前にチラシを生徒全員で周辺地域に配る活動も行っており、行事の中でも力を入れている。

その他[編集]

  • 平成22年度卒業生は全商検定3種目以上1級取得者70名(取得率 45.5%)と、熊本県立熊本商業高等学校に次ぐ県下第2位となった。
  • 3学年商業科の販売実習として、八代市商店街アーケード内の無人店舗を借りて「うっぱい堂」を開堂し販売実習を行っている。
  • 2011年5月19日(木)放送の「秘密のケンミンSHOW」においてミカエル堂のキャベツをパン生地にはさんで揚げた「シュードーナツ」が紹介された際、「パンといったら学生」とのことで「スポーツで有名な学校」として、売店で大量に置かれたシュードーナツに生徒が授業の終わりと同時に群がる場面が放送された。放送後ミカエル堂のシュードーナツは全国から注文が相次ぎ、大量生産を行うが追いつかない状態が続いた。

関連項目[編集]