熊本県立宇土中学校・高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
熊本県立宇土中学校・高等学校
学校正門付近
過去の名称 熊本県立宇土中学校
国公私立の別 公立学校
設置者 熊本県の旗 熊本県
校訓 質実剛健
設立年月日 1920年5月31日
創立記念日 6月1日
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 43129A
所在地 869-0454
熊本県宇土市古城町63
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

熊本県立宇土中学校・高等学校(くまもとけんりつ うとちゅうがっこう・こうとうがっこう, Kumamoto Prefectural Uto Junior and Senior High School)は、熊本県宇土市古城町にある公立中学校高等学校。略称は「宇土高」。

概要[編集]

歴史

1920年大正9年)に開校した「熊本県立宇土中学校」(旧制中学校)を前身とする。2009年(平成21年)4月には、中高一貫校として「熊本県立宇土中学校」を新設。2010年(平成22年)に創立90周年を迎えた。中学校から進学しているものを中進生とし、高校から入学してきたものを高進生とする。

設置課程・学科(高等学校)

全日制課程 普通科

クラス編成(高等学校)
  • 1年次 - 全6クラス 中進2クラス・高進4クラス
  • 2年次 - 高進文系2クラス・中進文系1クラス・中進理系1クラス・高進理系2クラス
  • 3年次 - 2年次と同じ
校章
中学校
「中」の文字。シンプルな校章であるが、高等学校の校章にちなみ、羽を広げたを表している。
高等学校
翼を広げたの絵の中央に「高」の文字(旧字体)を配している。鶴が使用されているのは、舞鶴城跡に校舎が位置するため。
校歌

作詞は寿福院教輔、作曲は犬童球渓によるもの。中高共通。4番まであり、3番に校名の「宇校」が登場する[1]

制服
男子
冬は学校指定の学生服。襟元に校章と学年章をつける。ボタンには校章。夏は校章が入った白いカッターシャツにズボン。学生服着用の際、そのインナーに着るものについては自由とされている。
女子
冬は黒いセーラー服。襟と手首には白い三本腺が入っている。白のスカーフ。夏は白いセーラー服。襟と袖先は青地に白の三本線が入っている。紺のスカーフに黒のスカート。長袖と半袖の選択が可能になっている。また、女子の場合、名札の下に、学年章と「U.H.S」と入った校章をつける。
寄宿舎

「郷鶴寮」を有する。

沿革[編集]

  • 1920年(大正9年)5月31日 - 宇土郡宇土町に熊本県立宇土中学校(旧制中学校)が設置。
  • 1921年(大正10年)
    • 3月 - 校舎の一部が完成し、生徒(定員120名)を募集。
    • 4月1日 - 「熊本県立宇土中学校」(旧制)が開校。
    • 5月 - 開校式を挙行。
  • 1924年(大正13年)3月 - 新校舎がすべて完成。
  • 1930年昭和5年)5月 - 図書館が完成。
  • 1935年(昭和10年)2月 - 第一校舎・第二校舎・生徒控所などを焼失。
  • 1936年(昭和11年)8月 - 新校舎が完成。
  • 1943年(昭和18年)11月 - 第一校舎・講堂・剣道場などを焼失。
  • 1944年(昭和19年)3月 - 太田尾海岸に修練道場を新設。
  • 1947年(昭和22年)7月 - 寄付により、図書館および書庫を増築。
  • 1948年(昭和23年)
    • 4月 - 学制改革により、「熊本県立宇土高等学校」(男子校)に改称。
    • 7月 - 定時制を設置。
  • 1949年(昭和24年)4月 - 学区制実施に伴い、男女共学となる。
  • 1950年(昭和25年)
    • 4月 - 定時制三角[3]分校を設置。
    • 5月 - 定時制三角分校が開校。
  • 1956年(昭和31年)4月 - 本校併設の定時制募集を停止。
  • 1957年(昭和32年)2月 - 生徒控所兼雨天体操場を撤去。
  • 1958年(昭和33年)8月2日 - 体育館が完成。
  • 1960年(昭和35年)
    • 4月 - 音楽室と柔道場が完成。
    • 9月23日 - 校旗を制定。
  • 1965年(昭和40年)10月 - 記念庭園が完成。
  • 1966年(昭和41年)
    • 2月 - プールと弓道場が完成。
    • 4月 - 校内売店を新築。
    • 12月 - 剣道場を新築。
  • 1969年(昭和44年)3月 - 寄宿舎が完成。
  • 1970年(昭和45年)3月 - 図書館・家庭科棟が完成。
  • 1971年(昭和46年)3月31日 - 理科棟が完成。
  • 1974年(昭和49年)8月 - 管理棟が完成。
  • 1975年(昭和50年)3月28日 - 芸術棟と普通教室棟が完成。
  • 1977年(昭和52年)
    • 3月31日 - 地学・社会科・普通教室棟が完成。
    • 12月26日 - 管理棟を焼失。
  • 1978年(昭和53年)3月 - 管理棟が復旧。第二体育館が完成。
  • 1979年(昭和54年)2月15日 - 柔道場が完成。
  • 1981年(昭和56年)4月20日 - 陸上トラック、野球場、球技コート全面改修が完了。国旗掲揚台、バックネット、球技コートフェンスを設置。
  • 1982年(昭和57年)7月20日 - 同窓会館が完成。
  • 1986年(昭和61年)
  • 1987年(昭和62年)3月31日 - 定時制三角分校が閉校。
  • 1988年(昭和63年)3月31日 - 定時制三角分校を廃止。
  • 1991年(平成3年)
  • 1994年(平成6年)
    • 3月31日 - 玄関ポーチが完成。
    • 12月14日 - 弓道場と射的場を解体
  • 1995年(平成7年)3月3日 - 弓道場が完成。
  • 2001年(平成13年)3月15日 - 吹奏楽部の楽器保管庫が完成。
  • 2002年(平成14年)12月10日 - 第三運動場が完成。
  • 2004年(平成16年)4月1日 - 2学期制を導入。学校評議員制度を導入。
  • 2008年(平成20年)
  • 2009年(平成21年)
    • 4月1日 - 「熊本県立宇土中学校」(1学年2学級 定員80名)が開校し、中高一貫教育を開始。
    • 4月8日 - 熊本県立宇土中学校開校式を挙行。
  • 2010年(平成22年)6月16日 - 技術・家庭科棟が完成。

開校以前の歴史[編集]

  • 宇土城跡、城下に位置している。その為、怪談話がしばしば聞かれる。

部活動[編集]

中学校
文化部
運動部
高等学校
文化部
運動部

著名な出身者[編集]

交通アクセス[編集]

最寄りの鉄道駅
最寄りのバス停
最寄りの道路

周辺[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 校訓・教育目標・校歌 - 熊本県立宇土高等学校
  2. ^ 高等女学校を前身とする松橋高等学校は、1948年(昭和23年)の4月の学制改革では女子校として発足。学区制実施で、宇土高校と同じく、男女共学となった。
  3. ^ 読みは「みすみ」。

関連項目[編集]