熊本県立美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
熊本県立美術館(本館)
本館
情報
用途 美術館
設計者 前川國男建築設計事務所
構造設計者 横山建築構造設計事務所
施工 間組
建築主 熊本県
事業主体 熊本県
構造形式 RC造
敷地面積 14,200 m²
建築面積 3,793.65 m²
※ (3,363m2)
延床面積 7,930.13 m²
※ (6,670m2) [1]
階数 地上3階、地下1階
竣工 1976年3月[2]
所在地 熊本市中央区二の丸2
座標 北緯32度48分27.3秒
東経130度42分02.4秒
座標: 北緯32度48分27.3秒 東経130度42分02.4秒
備考 BCS賞を受賞
テンプレートを表示
熊本県立美術館(分館)
分館
情報
用途 美術館
旧用途 図書館
設計者 ホセ・アントニオ・マルチネス・ラペーニャ、エリアス・トーレス・トゥール、
大和設計(改修)
構造設計者 大和設計
施工 浅沼組+坂口建設JV
建築主 熊本県
事業主体 熊本県
管理運営 株式会社熊本県弘済会(指定管理者)[3]
構造形式 RC造、S造
敷地面積 4,071 m²
建築面積 1,889 m²
延床面積 5,084 m²
階数 地上4階、地下1階
竣工 1992年
所在地 熊本市中央区千葉城町2-18
座標 北緯32度48分23.6秒 東経130度42分29.5秒 / 北緯32.806556度 東経130.708194度 / 32.806556; 130.708194
備考 第4回BELCA賞(1994年)
テンプレートを表示

熊本県立美術館(くまもとけんりつびじゅつかん)は、熊本県熊本市中央区にある県立の美術館

概要[編集]

本館熊本城二の丸公園の敷地内にある。熊本県在住の版画家である浜田知明コレクションや、県内の装飾古墳の模型を展示した「装飾古墳室」[2]および「野田壁画室」[2]などが知られる。また、美術教育を普及させる活動の場としても活用され、絵画実技講座や鑑賞会・講演会の実施や、吹き抜けのホールを利用したNHK熊本放送局との協賛コンサートなども行われている[2]。所蔵コレクションは約3,300点[2]

分館は熊本城本丸東側の千葉城町にあり、地上4階、地下1階建ての建物である。これは、旧熊本県立図書館を、くまもとアートポリスプロジェクト事業の一環として、スペインの建築家が設計を担い、天草の自然石を用いて熊本城の石垣との調和を重視しつつ大幅に改築したもので[2]、1992年10月に開館した[2]

所蔵品[編集]

西洋美術ではルノワールの『胸に花を飾る少女』やロダンの『接吻』などを始めとし、版画類なども展示する。日本美術としては熊本藩時代の文化を継承した矢野派や狩野派の属する絵画や書画類。また熊本県ゆかりの焼物類や近代絵画・彫刻なども展示する。[2]

熊本県は熊本藩細川家に伝来する文化財の保存・公開をしている東京の財団法人永青文庫と協定を結び、館内に『細川コレクション 永青文庫展示室』を新設し、2008年(平成20年)4月から、定期的に所蔵品を借り受けつつ、内容を入れ替えながら常設展示することとしている。

この他、NHK熊本放送局受信料徴収係を務めながら絵画・版画・茶道具・工芸品など数多くの古美術品や現代美術作品を蒐集した今西菊松(1913年1987年)による『今西コレクション』がある。蒐集品には肉筆浮世絵250点のほか、漆芸家音丸耕堂(人間国宝)、人形作家平田郷陽(人間国宝)、漆芸家増村益城(人間国宝・熊本県上益城郡益城町出身)ら現代工芸作家から今西が直接購入した作品などがある。今西の没後、遺族より大部分が寄贈され、現在当館に総数440点が所蔵されている[2]

利用案内[編集]

  • 開館時間
    • 本館:9:30-17:15(入館は16:45まで)
    • 別館:火-金 9:30-18:30(入館は18:00まで)

        土日祝 9:30-17:15(入館は16:45まで)

  • 閉館日:月曜日、年末年始
  • 入場料:入場料、常設展示などは無料だが、企画展示、永青文庫展示室は有料。

施設案内[編集]

本館[編集]

本館 喫茶室
  • 1階
企画展示室、装飾古墳室
  • 中2階
ロビー(入口)、喫茶店
  • 2階
常設展示室、浜田知明室、事務室
  • 別棟
細川コレクション永青文庫展示室

分館[編集]

分館の特徴的な屋根上
  • 1階
入口、フロント・ギャラリー、展示室1
  • 2階
展示室2
  • 3階
事務室
  • 4階
展示室3、喫茶店

ギャラリー[編集]

交通アクセス[編集]

本館[編集]

  • 熊本城・二の丸駐車場バス停 - 芝生を横断して約200m
熊本都市バス - 熊本城周遊バス「しろめぐりん」
  • 蔚山町電停 - 護国神社、藤崎台県営野球場の前を通って約700m
市電
  • 蔚山町バス停 - 蔚山町電停近く
熊本都市バス
産交バス

分館[編集]

  • 県立美術館分館前バス停 - 分館前の通りにある
熊本都市バス - 熊本城周遊バス「しろめぐりん」
市電
  • 市役所前バス停 - 数ヶ所あるので注意。約100~500mの範囲にある
熊本市営バス
産交バス
熊本電鉄バス
熊本バス
熊本都市バス

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 熊本県立美術館公式サイト(括弧内は「前川國男建築展図録」の"主要建築作品リスト")による
  2. ^ a b c d e f g h i 『熊本県の博物館』熊本県立美術館、熊本日日新聞社1993年、24-27頁。ISBN 4-905884-22-5。
  3. ^ 指定管理者制度について (PDF)

関連項目[編集]

  • くまもとアートポリス - 本館は「くまもとアートポリス'92既存選定建造物」、分館は「くまもとアートポリスプロジェクト」