熊本薬学専門学校 (旧制)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
熊本薬学専門学校
(熊薬)
創立 1925年
(官立移管)
所在地 熊本市
初代校長 安香堯行
廃止 1951年
後身校 熊本大学
同窓会 熊本大学
薬学部同窓会

熊本薬学専門学校 (くまもとやくがくせんもんがっこう) は、1925年大正14年) に官立移管により設立された旧制薬学専門学校。略称は熊薬、熊本薬専。本項では私立熊本薬学校・私立九州薬学専門学校などの前身諸校についても記述する。

概要[編集]

学制改革で新制熊本大学薬学部の母体となった。同窓会は熊本大学薬学同窓会(熊薬会) と称し、旧制・新制合同の会である。

沿革[編集]

前史[編集]

1872年 (明治5年) までの年月日は旧暦で示す。
  • 元文年間 (1736年 から 1741年)- 医師 村井見朴、家塾 「復陽洞」 を開設[1]
  • 1756年宝暦6年)
    • 7月 - 藩主細川重賢、御薬園「蕃滋園」(ばんじえん)を開園。場所は現・熊本市中央区薬園町で、藤井家が代々管理役を務める。
    • 9月[2] - 細川重賢、医学校 「再春館[3]を角井(現・熊本市西区二本木)に創設。蕃滋園は再春館の実験場・実習場となる。
  • 1757年(宝暦7年)1月19日 - 再春館開講。本道(内科)・外科・眼科・児科・婦科・口科・鍼科・按摩科。引経科で解剖学、物産科で薬学を講義。
  • 1870年(明治3年)
    • 7月 - 再春館が閉鎖。
    • 10月 - 閉鎖された再春館が古城治療所に継承。以後の歴史は熊本医科大学 (旧制)を参照。
  • 1871年(明治4年)- 蕃滋園が廃藩置県により、藤井家の個人所有となる。
    • 同園の薬草薬木は、1890年(明治23年)、藤井家から第五高等中学校に寄附。一部は熊本大学薬学部薬用植物園に継承[4]

私立熊本薬学校時代[編集]

  • 1885年(明治18年)
    • 2月 - 熊本医学校教諭 蔵田孝貞・志村釼七郎ら、私立熊本薬学校設立願を県令に提出。
    • 3月3日 - 私立熊本薬学校の設立が認可 (薬学校通則にいう乙種薬学校)。
      • 場所は熊本区紺屋今町49番地。修業年限を2年とし、出願資格を 16歳以上で小学校中等科卒業以上の学力を有する者とする。
    • 4月1日 - 仮開校式を挙行。
  • 1886年(明治19年)5月 - 熊本 手取本町に移転。
  • 1887年(明治20年)
    • 9月 - 熊本 山崎町19番地の新校舎に移転。
    • 11月26日 - 開校式兼第1回卒業式を挙行。
  • 1888年(明治21年)1月 - 平山増之助に初代校長を嘱託。
  • 1893年(明治26年)8月 - 優等卒業者は五高医学部薬学科3年への無試験編入が認められる。
  • 1899年(明治32年)6月 - 無試験編入制度を廃止。
  • 1900年(明治33年)4月 - 予科を設置。
  • 1902年(明治35年)5月 - 予科を廃止。
  • 1905年(明治38年)12月 - 校友会雑誌を創刊。
  • 1906年(明治39年)4月 - 修業年限を2年半に延長。

私立九州薬学校時代[編集]

  • 1908年(明治41年)4月1日 - 私立九州薬学校と改称。学校組織を社団法人化。
  • 1909年(明治42年)3月 - 飽託郡九品寺村78番地の新校舎(現・熊本市中央区大江本町、熊本大学薬学部所在地)に移転。

九州薬学専門学校時代[編集]

  • 1910年(明治43年)
    • 1月21日 - 専門学校令により「私立九州薬学専門学校」設立認可。本科(3年制、中学卒対象)・別科 (従来の乙種薬学校) を設置。
    • 9月 - 本科第1回入学式を挙行。
  • 1911年(明治44年)5月 - 県立高等女学校旧建物の払い下げを受け、校舎を増設。
  • 1912年大正元年)11月15日 - 文部省告示第42号により、本科卒業生に無試験で薬剤師免許が認められる。
  • 1913年(大正2年)
    • 4月 - 本科卒業生を 「私立九州薬学専門学校薬学士」 と称する件が認可。別科を2年制に変更。
    • 10月29日 - 本科第1回卒業式を挙行。
  • 1915年(大正4年)1月 - 学校組織を財団法人化。初代会長に佐上信一(熊本県学務課長)が就任。
  • 1918年(大正7年)
    • 4月 - 別科を廃止。
    • 10月 - 校歌「天龍猛る阿蘇の峰」(江口正男ほか作詞、若狭万次郎 作曲)を制定。
  • 1919年(大正8年)
    • 3月 - 財政上の理由で寄宿舎を廃止。
    • 9月 - 文部省令第24号(6月21日付)により、九州薬学専門学校と改称。
    • 10月 - 同窓会「蘇杏会」が発足。
  • 1920年(大正9年)
    • 11月 - 生徒委員ら、官立への移管運動を開始。
    • 12月 - 九州薬学専門学校官立期成会を発会。
  • 1921年(大正10年)3月 - 衆議院、九州薬専を文部省所管に移す建議案可決。
  • 1922年(大正11年)4月 - 正式に官立移管願を提出。

官立熊本薬学専門学校時代[編集]

  • 1925年(大正14年)
    • 1月31日 - 勅令第6号により、文部省直轄諸学校官制改正により熊本薬学専門学校設置。
    • 3月3日 - 校則を制定 (熊専6号)。
    • 3月31日 - 九州薬学専門学校を廃止 (熊専10号)。九州薬学専門学校財団法人は1931年(昭和6年)7月29日に解散。
    • 4月1日 - 熊本薬学専門学校が開校。
  • 1927年昭和2年)4月13日 - 旧本館・図書室・武道場を焼失。
  • 1928年(昭和3年)10月27日 - 新築校舎落成式を挙行。
  • 1931年(昭和6年)11月18日 - 天皇行幸。
  • 1935年(昭和10年)1月 - 製薬工場1棟が完成。
  • 1938年(昭和13年)11月6日 - 校内開放 (学園祭) で爆発事故が発生。2名即死、2名重傷[5]
  • 1944年(昭和19年)1月 - 藤田校長、石坂繁代議士経由で 「化学専門学校」 への改称意見書を提出。
    • 4科編成 (分析化学・合成化学・厚生化学・製薬化学。後2科が薬剤師育成を担当) 化など。
  • 1945年(昭和20年)
    • 4月 - 従来の本科を厚生薬学科と改称。製造薬学科を増設[6]
    • 7月1日 - 空襲で実験室6棟を焼失。
  • 1946年(昭和21年)4月 - 男女共学化。女子生徒2名入学。
  • 1949年(昭和24年)5月31日 - 新制熊本大学の発足に伴い、熊本大学熊本薬学専門学校となる。
    • 新入生は薬学部生となる。在学生が卒業するまで薬学専門学校は存続。
  • 1951年(昭和26年)3月31日 - 最後の卒業生を送り出し、旧制熊本薬学専門学校が廃止 (法律第84号)。

歴代校長[編集]

私立熊本薬学校
  • 校長: 平山増之助 (1888年1月 - 1889年7月)
  • 校長: 中西司馬 (1889年7月 - 1895年4月)
  • 校長: 森本栄太郎 (1895年4月 - 1903年5月)
  • 校長: 安香堯行 (1903年5月 - 1908年3月)
私立九州薬学校
  • 校長: 安香堯行 (1908年4月 - 1910年1月)
九州薬学専門学校
  • 校長: 安香堯行 (1910年1月 - 1925年3月)
官立熊本薬学専門学校
  • 校長: 安香堯行 (1925年2月24日 - 1928年1月5日死去)
  • 校長事務取扱: 森本栄太郎 (1928年1月5日 - 1928年2月17日)
  • 校長: 村山義温 (1928年2月17日 - 1942年3月31日)
  • 校長: 藤田穆 (1942年3月31日 - 1951年3月31日)
    • 新制熊本大学薬学部 初代学部長

校地の変遷と継承[編集]

前身の九州薬学専門学校以来、熊本市大江本町の校地を使用し続けた。大江校地は後身の新制熊本大学薬学部に継承され、現在に至っている。

著名な出身者[編集]

熊本大学の人物一覧を参照。

脚注[編集]

  1. ^ 『熊薬百年史』 1頁。
  2. ^ 熊本大学沿革図による。
  3. ^ 「再春」 は筆頭教授 村井見朴の夢に由来するとされる。
  4. ^ 薬用植物園公式サイトより。
  5. ^ 『熊薬百年史』 61頁。
  6. ^ 『熊薬百年史』 による。熊本大学薬学部沿革では、それぞれ薬学科・製薬科。

関連書籍[編集]

  • 熊薬百年史資料収集・企画・編集委員会(編) 『熊薬百年史』 熊薬百周年記念事業会、1986年3月。

関連項目[編集]