熊沢義宣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

熊澤 義宣(くまざわ よしのぶ、1929年 - 2002年)は、日本の神学者。東京神学大学名誉教授。

ニューヨーク生まれ。小中学校時代を中国で過ごした帰国子女。1958年東京神学大学大学院博士課程満期退学、ハイデルベルク大学に留学し、1962年神学博士。東京神学大学助教授、1970年教授、学長を務め、1997年定年退職、名誉教授。1998年聖学院大学教授。日本基督教団井草教会、伊勢原教会、千歳船橋教会牧師

著書[編集]

  • ブルトマン (日本基督教団出版部〔人と思想シリーズ〕 1962年)
  • 現代キリスト教講話 (新教出版社〔新教新書〕 1964年)
  • 明日の神学と教会 (日本基督教団出版局〔神学双書〕 1974年)
  • 教会生活の手引き 10 信仰の読書 (日本基督教団出版局 1979年10月)
  • キリスト教死生学論集 (教文館 2005年7月)
  • 教会暦説教 (教文館 2005年8月)
  • マタイによる福音書講解説教 1-2 (教文館 2006年)

共編[編集]

  • 総説現代神学 (野呂芳男/日本基督教団出版局 1995年9月)

翻訳[編集]

  • 永遠 キリスト教的希望の研究 (エミール・ブルンナー大木英夫共訳 新教出版社 1957年)
  • 聖書の手引き (ジョージァ・ハークネス 新教出版社 1957年)
  • 信仰・希望・愛 (エミール・ブルンナー 新教出版社 1957年)
  • 序文ばかり キルケゴール著作集 第10巻 (白水社 1964年)
  • シュヴァイツァー著作集 第20巻 神の国とキリスト教 シュトラースブルク説教選 (白水社 1972年)
  • 現代キリスト教思想叢書 10 キリスト教と文明(ブルンナー)・近代の宿命と希望(ゴーガルテン)(雨貝行麿共訳 白水社 1975年)
  • 現代キリスト教思想叢書 14 人間とは何か―神学の光で見た現代の人間学(パンネンベルク)(近藤勝彦共訳 白水社 1975年)
  • ボヴェー著作集 6 結婚学入門 (ヨルダン社 1976年)
  • ブルンナー著作集 第2巻 教義学 1 (芳賀力共訳 教文館 1997年5月)
  • 現代キリスト教神学思想事典 (アリスター・E.マクグラス編/高柳俊一と日本語版監修 新教出版社 2001年4月)