熊谷恒子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

熊谷 恒子(くまがい つねこ、1893年1月28日 - 1986年9月30日)は、日本書家

経歴[編集]

京都府出身。江馬天江の孫。江馬章太郎京都府立医学専門学校教授)の子。1914年に銀座鳩居堂の支配人である熊谷幸四郎に嫁ぎ、東京へ転居。書の道を志したのは、35歳ごろ。子どもの習字のついでに、自分も習うようになったのがきっかけだった。1928年に川北桜嶼、1930年に尾上柴舟に師事した後[1]、1931年より岡山高蔭にかな文字をまなび、平安朝の古筆を独習、独自の境地をひらく。作品に「枕草子」「万葉集和歌」など。1933年に「土佐日記」で東日・大毎賞を受賞。日展審査員・評議員、1967年より大東文化大学教授。1967年に勲五等宝冠章、1980年に勲四等宝冠章を受章。

著書[編集]

  • 「いろは帖」
  • 「七草帖」

出典[編集]

[ヘルプ]