熊谷直亮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

熊谷 直亮(くまがい なおすけ、文久3年(1863年) - 大正9年(1920年12月12日)は、日本新聞記者通訳官。

肥後熊本藩士津田信弘の子で、熊谷家の家督を継ぐ。兄に植民政策家の津田静一がいる。東京の共立学舎で学ぶ。明治17年(1884年)渡して芝罘中国語を学ぶ。日清戦争日露戦争では通訳官として従軍した。その後は「国民新聞京城特派通信員、「京城日報」記者となった。

参考文献[編集]

  • 『日本人名大辞典』講談社、2001年。