熊野三所大神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
熊野三所大神社
Kumanosanshooomiwasha02s1920.jpg
熊野三所大神社本殿正面
所在地 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字浜の宮350
位置 北緯33度38分41.65秒
東経135度56分3.86秒
座標: 北緯33度38分41.65秒 東経135度56分3.86秒
主祭神 夫須美大神、家津美御子大神、速玉大神
社格 村社
創建 欽明帝
例祭 2月13日14日
テンプレートを表示
鳥居
浜の宮王子社跡と夫婦楠
振分石

熊野三所大神社(くまのさんしょおおみわしゃ)、または大神社(おおみわやしろ)は和歌山県東牟婁郡那智勝浦町にある神社。夫須美大神・家津美御子大神・速玉大神の三神を主祭神とすることが名称の由来とされる。主祭神像三躯は重要文化財に指定されている(美術工芸品、1982年昭和57年〉6月5日指定)[1]

九十九王子のひとつである浜の宮王子の社跡[注釈 1]に建つため、浜の宮大神社(はまのみやおおみわしろ)とも呼ばれる。浜の宮王子の守護寺である補陀洛山寺が隣接しており、神仏習合の名残をみることができる。境内は浜の宮王子社跡として、国の史跡「熊野参詣道」の一部(2000年平成12年〉11月2日指定)[2]

歴史[編集]

古くから熊野那智大社末社で、『中右記天仁2年(1109年)10月27日条に「浜宮王子」と見える[3]平安後期頃の神像3体(大山祇命、天照大神、彦火火出見命)が伝来していることから熊野三所権現が祀られていたと考えられているが、江戸時代中期に著された地誌『熊野巡覧記』は異なる神名を挙げており、時代によって祭神が変化していたようである[3]。江戸時代の沿革は未詳だが、濱ノ宮村の産土神として崇敬されていた。明治の神仏分離に際して補陀洛山寺から独立して村社明治6年〈1873年〉)となり、明治末年に現社号にあらためられた。

平家物語』巻10に平維盛が一艘の舟に命運を託して出向するさまが描かれたり、那智大社ほか各所所蔵の那智参詣曼荼羅[4]に社前の浜から渡海船で出航する渡海僧が描かれているように、補陀洛山寺とともに補陀洛渡海の伝承地である。

また、境内には振分石(ふりわけいし)と呼ばれる石柱が残されている。中辺路大辺路の分岐点には諸説があるが、那智を分岐点とする説によればこの石柱がそうであるという[5]

摂社[編集]

  • 丹敷戸畔命(地主の神)
  • 三狐神(食物の神)
  • 若宮跡(浜の宮王子跡)

文化財[編集]

  • 木造男神坐像二、女神坐像一 3躯 - 本殿の中の間に女神(にょしん)像、東西の間に男神像をそれぞれ安置する。女神像は天照大神、東の間の男神像は彦火々出見命、西の間の男神像は大山祇神と伝える。3躯とも胸前で拱手する同様のポーズに表される。いずれもカヤ材の一木造で像高は約60センチメートル。作風から平安時代後期、11世紀頃の作と推定される[6]。重要文化財(美術工芸品、1982年〈昭和57年〉6月5日指定)。
  • 浜ノ宮王子跡 - 国の史跡「熊野参詣道」の一部(2000年平成12年〉11月2日指定)[2]
  • 石燈篭 1個 - 町指定有形文化財(美術工芸品、1985年〈昭和60年〉8月1日指定)[2]

交通機関[編集]

周辺情報[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 王子社殿は宝永津波で流失した

出典[編集]

  1. ^ 昭和57年文部省告示第98号
  2. ^ a b c 町指定文化財 (PDF)”. 那智勝浦町. 2010年3月14日閲覧。
  3. ^ a b 「角川日本地名大辞典」編纂委員会編[1985: 233]
  4. ^ 那智参詣曼荼羅の遺品は、田辺市・闘鶏神社本、新宮市正覚寺本など数十点が現存する。(参照:奈良国立博物館編『西国三十三所観音霊場の祈りと美』(特別展図録)、2008、p285)
  5. ^ 紀南文化財研究会・熊野歴史研究会[2008: 83、95]
  6. ^ 「新指定の文化財」『月刊文化財』225号、第一法規、1982

文献[編集]

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会編、1985、『和歌山県』、角川書店(角川日本地名大辞典30) ISBN 404001300X
  • 紀南文化財研究会・熊野歴史研究会編、2008、『熊野古道大辺路調査報告書 - 田辺市から新宮市まで』、大辺路再生実行委員会
  • 西 律、1987、『熊野古道みちしるべ - 熊野九十九王子現状踏査録』、荒尾成文堂(みなもと選書1)
  • 長谷川 靖高、2007、『熊野王子巡拝ガイドブック』、新風書房 ISBN 9784882696292

関連項目[編集]

九十九王子一覧
城南宮 八軒家船着場 窪津王子 坂口王子 郡戸王子 上野王子 阿倍王子 津守王子 境王子 大鳥居王子
篠田王子 平松王子 井ノ口王子 池田王子 麻生川王子 近木王子 鞍持王子 鶴原王子 佐野王子 籾井(樫井)王子
厩戸王子 信達一ノ瀬王子 長岡王子 地蔵堂王子 馬目王子 中山王子 山口王子 川辺王子 中村王子 吐前王子
川端王子 和佐王子 平緒王子 奈久知王子 松坂王子 松代王子 菩提房王子 藤代王子 藤白塔下王子 橘本王子
所坂王子 一壷王子 蕪坂王子 山口王子 糸我王子 逆川王子 久米崎王子 井関(津兼)王子 河瀬王子 馬留王子
沓掛王子 馬留王子 内ノ畑王子 高家王子 善童子王子 愛徳山王子 九海士王子 岩内王子 塩屋王子 上野王子
津井王子 斑鳩王子 切目王子 切目中山王子 岩代王子 千里王子 三鍋王子 芳養王子 出立王子 秋津王子
万呂王子 三栖王子 八上王子 稲葉根王子 一ノ瀬王子 鮎川王子 滝尻王子 不寝王子 大門王子 十丈王子
大坂本王子 近露王子 比曽原王子 継桜王子 中ノ河王子 小広王子 熊瀬川王子 岩神王子 湯川王子 猪鼻王子
発心門王子 水呑王子 伏拝王子 祓戸王子 本宮大社 湯ノ峯王子 速玉大社 浜王子 佐野王子 浜の宮王子
市野々王子 多富気王子 那智大社 ■Template