熊野三所神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
熊野三所神社
所在地 和歌山県西牟婁郡白浜町744
主祭神 伊弉冊尊速玉男命事解男命
社格村社
例祭 10月17日
テンプレートを表示

熊野三所神社(くまのさんしょじんじゃ)は、和歌山県西牟婁郡白浜町にある神社。旧社格は村社白良浜の北端にある。

祭神[編集]

主祭神

歴史[編集]

伝承によれば、斉明天皇4年(658年)に斉明天皇が弟である有間皇子の勧めにより牟婁の湯(現在の白浜温泉)に行幸した際、当地にあった石に腰を掛けた[1]。その後、この斉明天皇腰掛石を磐座として祭祀を始めたとされる。後に熊野三所権現を観請して社殿を整える。

文禄4年(1595年)9月には本殿の再建を行っている。1868年明治元年)、神仏分離の際に社名を熊野三所神社と改称した。

境内[編集]

祭事[編集]

  • 例祭・10月17日

現地情報[編集]

所在地
交通アクセス

参考文献[編集]

  • 熊野三所神社由緒書

脚注[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]