熊野八庄司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

熊野八庄司は、紀伊熊野の八つの庄司。荘園領主の命によって雑務を掌ったが、多くは土豪として部族化した。代々「鈴木庄司」を称した藤白鈴木氏、「湯河庄司」を称した湯川氏、「野長瀬庄司」を称した野長瀬氏らが記録に見える。

八つの庄については諸説ある。

  • 湯川・玉置・新宮・安田・芋瀬・中津川・野長瀬(野長瀬庄司)・湯浅とする説
  • 湯川・鹿瀬(ししがせ)・蕪坂(かぶらざか)・湯浅・阿瀬川(あぜがわ)・小原(吉野郡?)・芋瀬・中津川とする説
  • 鈴木(鈴木庄司)・湯浅・芋瀬・貴志・玉置・湯川・真砂・安宅とする説

参考文献[編集]

  • 戦国期権力と地域社会(有光友学、1986年)
  • 系図研究の基礎知識: 家系に見る日本の歴史(近藤安太郎、1989年)

関連項目[編集]