熊野神社の稚児舞 (南陽市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

熊野神社の稚児舞(くまのじんじゃのちごまい)は、山形県南陽市宮内熊野大社で、毎年7月の例祭に奉納される稚児舞。南陽市の無形民俗文化財に指定されている。

振鉾式、拝舞、三代舞、眺望楽、太平楽、蛇取舞、山姥の7番で構成され、振鉾式と山姥のみ大人が舞い、あとは稚児が舞う。