熙州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

熙州(きしゅう)は、中国にかつて存在した隋代に現在の安徽省安慶市一帯に設置された。

魏晋南北朝時代[編集]

南朝梁により設置された晋州を前身とする。侯景の乱のとき、晋熙郡に晋州が置かれ、蕭嗣(蕭範の子)が晋州刺史となった[1]寿春東魏に占領されると、晋州は豫州と改称された。

555年天保6年)、北斉の儀同の蕭軌が南朝梁の晋熙城を落とすと、豫州は江州と改称された[2]

576年太建8年)、南朝陳により江州の晋熙郡・高塘郡・新蔡郡が分割されて晋州が置かれた[3]

隋代[編集]

583年開皇3年)、隋により晋州は熙州と改称され、3郡4県を管轄した。隋が郡制を廃すると、熙州の属郡の晋熙郡・高塘郡・大雷郡は廃止された。607年大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、熙州は同安郡と改称され、下部に5県を管轄した[4]。隋代の行政区分に関しては下表を参照。

隋代の行政区画変遷
区分 開皇元年 区分 大業3年
晋州 廬州 同安郡
晋熙郡 高塘郡 大雷郡 樅陽郡 懐寧県 太湖県
宿松県 望江県
同安県
懐寧県 太湖県 高塘県 新治県 樅陽県 陰安県

唐代[編集]

621年武徳4年)、により同安郡は舒州と改められた。742年天宝元年)、舒州は同安郡と改称された。757年至徳2載)、同安郡は盛唐郡と改称されたが、同安県は桐城県と改称された。758年乾元元年)、盛唐郡は舒州の称にもどされた。舒州は淮南道に属し、懐寧・太湖・宿松・望江・桐城の5県を管轄した[5]

宋代[編集]

1147年紹興17年)、南宋により舒州が安慶軍と改められた。1195年慶元元年)、安慶軍は安慶府に昇格した。安慶府は淮南西路に属し、懐寧・桐城・太湖・宿松・望江の5県と同安監を管轄した[6]

脚注[編集]

  1. ^ 梁書』鄱陽王範伝
  2. ^ 北斉書』文宣帝紀
  3. ^ 陳書』宣帝紀
  4. ^ 隋書』地理志下
  5. ^ 旧唐書』地理志三
  6. ^ 宋史』地理志四