熱い胸さわぎ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
熱い胸さわぎ
サザンオールスターズスタジオ・アルバム
リリース
録音 1978年4月7日 - 6月16日
VICTOR STUDIO
ジャンル ロック[1]
AOR[1]
レゲエ[1]
ボサノヴァ[2][1]
ポップ[1]
フュージョン[3]
ブギ[4]
ブルース[3]
時間
レーベル Invitation
タイシタレーベル(再発盤)
プロデュース 高垣健
Burning Publishers
チャート最高順位
サザンオールスターズ アルバム 年表
熱い胸さわぎ
(1978年)
10ナンバーズ・からっと
1979年
『熱い胸さわぎ』収録のシングル
  1. 勝手にシンドバッド
    リリース: 1978年6月25日
テンプレートを表示

熱い胸さわぎ』(あついむなさわぎ)は、サザンオールスターズの1枚目のオリジナル・アルバム1978年8月25日にレコードで発売。発売元はInvitation

1984年6月21日1998年4月22日2008年12月3日CDで再発売されている。1989年6月25日にはCDとカセットテープで再発売された。また、2014年12月17日からはダウンロード配信、2019年12月20日からはストリーミング配信が開始されている[5][6]

背景・制作[編集]

デビューシングル「勝手にシンドバッド」からちょうど2か月後に発売された自身初のオリジナル・アルバム。本作はレゲエ風の曲調やアメリカ西海岸のリトル・フィートへのオマージュを取り入れ、ポップに変換した作品である[7]

編曲・レコーディングでは、同バンドのメンバーに加え、新田一郎率いるホーンセクション、Horn Spectrumが数曲参加している[8]

リリース[編集]

サザンの初期の楽曲はバーニングが権利を持っており、本作もプロデューサーはバーニングプロダクションによるものである。

1998年の再発盤の初回限定盤はオリジナルLP復刻ジャケット(紙ジャケット)仕様で、雑誌「バァフアウト!」編集発行人の山崎二郎によるライナーノーツが封入されている。

再発売[編集]

批評[編集]

桑田佳祐はこのアルバムについて2015年発売のオリジナル・アルバム『葡萄』の初回生産限定盤特典「葡萄白書」のインタビューで、「あの人力と若さを総動員させた勢いは二度と再現できない奇跡のようなものです」、「最近になって、あのデビューアルバムにこそ、きっと多くの人が大好きだと言ってくれるサザンが集約されているんじゃないかと思えてきました」と述べている[9]。また、本作とソロアルバム『MUSICMAN』についてはほとんど後悔がない旨も述べている[10]

収録曲[編集]

  • シングル収録曲は各シングルで説明しているため、ここでは説明を省略する。なお、オリジナル・アナログ盤では6曲目からがB面となっていた。
  1. 勝手にシンドバッド (3'58)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:斉藤ノブ & サザンオールスターズ/管編曲:Horn Spectrum
    自身のデビューシングル。
  2. 別れ話は最後に (4'36)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/管編曲:Horn Spectrum)
    ビクターがシングル候補にしていた楽曲であり、ボサノヴァ・タッチのAOR的な曲調である[1]
  3. 当って砕けろ(3:48)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/管編曲:Horn Spectrum)
    シングル「勝手にシンドバッド」のカップリング曲。
  4. 恋はお熱く (4:28)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    イントロの波の音は葉山町の一色海岸で収録したもの[1]
    8分の6拍子・3連符のロッカバラード[11]。桑田自身サザンのアルバムを作る際には必ずそういった曲調の曲を入れる事を計画するという[11]
    前述の『葡萄白書』ではこの曲調の曲の代表的な例としてこの曲と「栞のテーマ」「ひき潮 〜Ebb Tide〜」「平和の鐘が鳴る」が桑田本人によって挙げられている[11]
  5. 茅ヶ崎に背を向けて
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/管編曲:Horn Spectrum)
    桑田と原由子デュエット曲。2枚目シングル「気分しだいで責めないで」のカップリング曲としてシングルカットされている。
  6. 瞳の中にレインボウ (4:49)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    ブルージーな楽曲[3]
  7. 女呼んでブギ (4:05)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/管編曲:Horn Spectrum)
    メジャーデビューのきっかけとなったヤマハEast West'77に出場した際演奏された曲。桑田が「女呼んでもんで抱いていい気持ち」のフレーズを初めて叫んだときにメンバーが笑い転げて練習が中断したエピソードがある[12]
    アマチュア時代からこの曲は存在しており、当時はアドリブで歌っており歌詞が明確に定まっていなかった[4]
    正式に発売されたこの現行のバージョンにも明確に歌詞が定まっていない部分が存在しており、一部では「永遠に未完成だから素晴らしい」とも評されている[4]
  8. レゲエに首ったけ (4:02)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/管編曲:Horn Spectrum)
    タイトル通りレゲエをテーマにした楽曲になっている[1]
  9. いとしのフィート (5:00)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/管編曲:Horn Spectrum)
    リトル・フィートへの敬愛が込められたアレンジになっている[4]
    歌詞は”ラーメン””””除夜の鐘””お正月”という言葉にもあるように日本の大晦日から元旦への情景と独り寂しく酒を飲む主人公の心情が描かれている[4]
  10. 今宵あなたに (3:41)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/管編曲:Horn Spectrum)
    歌詞の内容から「原由子讃歌」とも言われている楽曲[1]

参加ミュージシャン[編集]

メンバー[編集]

ゲスト[編集]

  • 勝手にシンドバッド
  • 別れ話は最後に
    • Horn Spectrum - ホーン
    • 中村哲 - テノールサクソフォーン、ソプラノサクソフォーン
    • 兼崎順一 - トランペット、フリューゲルホルン
    • 新田一郎 - トランペット、フリューゲルホルン、トロンボーン
  • 当って砕けろ
    • Horn Spectrum - ホーン
  • 瞳の中にレインボウ
    • ビクター少年合唱団 - コーラス
  • 女呼んでブギ
    • Horn Spectrum - ホーン
    • 中村哲 - テノールサクソフォーン、ソプラノサクソフォーン
    • 兼崎順一 - トランペット、フリューゲルホルン
    • 新田一郎 - トランペット、フリューゲルホルン、トロンボーン

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p105
  2. ^ 眩しいほどの若さがきらめく、サザンオールスターズ1stアルバム『熱い胸さわぎ』〈A面〉WHAT's IN? tokyo 2019年9月14日 2020年10月10日閲覧
  3. ^ a b c 1stアルバム『熱い胸さわぎ』のバラエティー豊かなサウンドに新人・サザンオールスターズの比類なき才能を見る 3頁OKMUSIC 2019年3月13日 2020年10月10日閲覧
  4. ^ a b c d e サザンオールスターズ、バンドの未来を示唆する1stアルバム『熱い胸さわぎ』〈B面〉WHAT's IN? Tokyo 2019年9月21日 2020年10月10日閲覧
  5. ^ サザン、全266曲を世界111ヶ国で配信 オリコン 2014年12月17日配信, 2020年6月4日閲覧
  6. ^ サザン関連全972曲 サブスク一斉解禁 メンバーソロ曲も対象に オリコン 2019年12月20日配信, 2019年12月20日閲覧
  7. ^ 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p20
  8. ^ 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p104
  9. ^ 『葡萄』初回生産限定盤A・B特典「葡萄白書」p.18より。
  10. ^ SWITCH Vol.33 No.4 Southern All Stars [我が名はサザン] p19より。
  11. ^ a b c 『葡萄』初回生産限定盤A・B特典「葡萄白書」p.29より。
  12. ^ 関口和之『突然ですがキリギリス』97頁、集英社文庫、1991年