熱海ホテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

熱海ホテル(あたみホテル)は、静岡県熱海市熱海温泉に存在したホテル。

概要[編集]

1922年帝国ホテルの副支配人を勤めた経験を持つ岸衛により開業。しかし翌年の関東大震災により建物が壊れ、1930年には山田馨の設計によるスペイン風洋館のホテルに改装して再出発。やがて熱海を代表する高級ホテルとなった。戦時中は海軍に接収され、戦後には小佐野賢治率いる国際興業が買収[1]し、連合国軍最高司令官総司令部が接収した。1952年には日本人宿泊者の受け入れを再開し、1977年まで営業が続けられた。施設は営業終了後に老朽化を理由に取り壊されており、跡地は更地となり往時の面影は全くない[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 会社の沿革”. 国際興業ホームページ. 2018年11月3日閲覧。
  2. ^ 石畳浪漫コース 昭和初期の別荘建築などの歴史が現存”. 熱海まち歩きガイドの会. 2018年11月3日閲覧。

関連項目[編集]

  • お宮の松 - 2018年現在(二代目)の松は熱海ホテル敷地から移植されたもの。