熱 (ライフゲーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

(ねつ、Heat)は、ライフゲーム振動子宇宙船において定義されるもので、各世代で状態を変えるセルの平均数である。

r個のセルを備えた周期nの回転子の場合、熱は以上以下である。 n = 2とn = 3の場合、これらの範囲は等しくなる。

[編集]

サインポール
  • ブリンカーの場合、各時間ごとに2つのセルが死滅し2つのセルが誕生する。よって熱は4となる。
  • ビーコンの場合、「2セルの死滅」と「2セルの誕生」の繰り返しである。よって熱は2である。
  • ヘルツ振動子の場合、「3セル誕生」→「3セル死滅・2セル誕生」→「2セル死滅」→「1セル誕生・1セル死滅」の繰り返しである。よって熱は(3+5+2+2)/4=3である。
  • グライダーの場合、各時間ごとに2つのセルが死滅し2つのセルが誕生する。よって熱は4となる。

熱が大きくなる例としては銀河(39)やパルサー(42)などの例がある。

熱の理論上の最低値は1である。1972年の時点で、バーロフェロメーター(仮訳)と言う熱が1.4の物体が確認されている[1]。熱の上限は存在しない。サインポール(仮訳)という物体は任意の長さに拡張することができ、長さの分だけ変化するセルの数を増やすことができる。

脚注[編集]

  1. ^ Burloaferimeter

出典[編集]

関連項目[編集]