燕型哨戒艇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
燕型哨戒艇
フィリピン海軍「レオポルド・レジス」
フィリピン海軍「レオポルド・レジス」
基本情報
種別 哨戒艇 (PK)
運用者  大韓民国海軍
 フィリピン海軍
就役期間 大韓民国の旗 1972年 - 1992年
前級 旧米哨戒魚雷艇
次級 白鴎型
要目
基準排水量 70トン
満載排水量 78トン
全長 25.7 m
最大幅 5.4 m
吃水 1.2 m
主機 MTU 16V538 TB90
ディーゼルエンジン×2基
推進器 スクリュープロペラ×2軸
出力 5,200 bhp
速力 40ノット
航続距離 500海里 (20kt巡航時)
乗員 25名
兵装56口径40mm単装機銃×1基
70口径20mm単装機銃×1基
12.7mm連装機銃×2基
・7.62mm機銃×2挺
レーダー 航法用
テンプレートを表示

燕型哨戒艇(チェビがたしょうかいてい、朝鮮語: 제비급 고속정: Chebi-class patrol vessels)は、大韓民国海軍哨戒艇の艦級。

船首甲板の40mm単装機銃については、初期型ではアメリカ製のMk.3マウントが用いられていたが、後期型では国産の動力式マウントに変更された[1]

韓国海軍を退役した後、1993年に12隻がフィリピン海軍に売却された。価格は1隻あたり100USドルという象徴的な設定であった。このうち2隻は部品取り用として用いられ、残る10隻が同年6月23日に再就役した。ただし老朽化に伴い、2012年には7隻が退役し、2013年現在で就役を継続しているのは3隻となっている[2]

参考文献[編集]

  1. ^ Bernard Prezelin (1990). The Naval Institute Guide to Combat Fleets of the World, 1990-1991. Naval Institute Press. p. 344. ISBN 978-0870212505. 
  2. ^ Eric Wertheim (2013). The Naval Institute Guide to Combat Fleets of the World, 16th Edition. Naval Institute Press. p. 533. ISBN 978-1591149545.