横山準

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
よこやま じゅん
横山 準
本名 横山 昇一(よこやま しょういち)
別名義 爆弾小僧(ばくだんこぞう)
生年月日 (1928-01-15) 1928年1月15日(89歳)
出生地 日本の旗 日本 新潟県東頚城郡(現在の同県十日町市
職業 子役俳優
ジャンル 劇映画時代劇現代劇サウンド版トーキー
活動期間 1933年 - 1952年
主な作品
有りがたうさん
風の中の子供
按摩と女

横山 準(よこやま じゅん、1928年1月15日 - )は、日本の元子役俳優である[1][2]。本名は横山 昇一(よこやま しょういち)[1][2]。子役時代の芸名は爆弾小僧(ばくだんこぞう)[1][2]

来歴・人物[編集]

1928年(昭和3年)1月15日新潟県東頚城郡(現在の同県十日町市)に生まれる[1][2]

1933年(昭和8年)3月1日松竹蒲田撮影所に入社[1][2]野村芳亭監督映画『島の娘』に初出演する。1935年(昭和10年)の清水宏監督映画『若旦那 春爛漫』から爆弾小僧の芸名を名乗る[3]。『有りがたうさん』『風の中の子供』『按摩と女』など清水の作品に多数出演、また斎藤寅次郎監督の映画にも重用される。同時期に松竹に所属していた突貫小僧葉山正雄、アメリカ小僧とともに子役の四天王と評された[4]1934年(昭和9年)に発行された『日本映画俳優名鑑 昭和九年版』(映画世界社)によると、東京府東京市蒲田区新宿町(現在の東京都大田区蒲田)のアパートに住み、身長は3尺5寸(約106.1センチメートル)、体重は7貫300匁(約27.4キログラム)、ランニング、お菓子を好んでいるという旨が記されている[2]

1940年(昭和15年)に横山準と改名[4]1941年(昭和16年)の『みかへりの塔』に主演以降脇役にまわり、戦後も引き続き松竹に在籍する。1952年(昭和27年)公開の『三百六十五代目の親分』に出演後引退した[4]

おもなフィルモグラフィ[編集]

  • 『恋愛修学旅行』(1934年、監督:清水宏
  • 『東京の英雄』(1935年、監督:清水宏)
  • 『若旦那 春爛漫』(1935年、監督:清水宏)
  • 『彼と彼女と少年達』(1935年、監督:清水宏)
  • 『車に積んだ宝物』(1936年、監督:斎藤寅次郎
  • 有りがたうさん』(1936年、監督:清水宏)
  • 大学よいとこ』(1936年、監督:小津安二郎
  • 一人息子』(1936年、監督:小津安二郎)
  • 風の中の子供』(1937年、監督:清水宏)
  • 按摩と女』(1938年、監督:清水宏)
  • 愛染かつら』前・後編(1938年、監督:野村浩将
  • 『子供の四季』前・後編(1939年、監督:清水宏)
  • 父よあなたは強かった』(1939年、監督:原研吉
  • 『ともだち』(1940年、監督:清水宏)
  • 『みかへりの塔』(1941年、監督:清水宏)
  • 』(1941年、監督:清水宏)
  • 父ありき』(1942年、監督:小津安二郎)
  • 生きてゐる孫六』(1943年、監督:木下恵介
  • 陸軍』(1944年、監督:木下恵介)
  • 『シミ金のスポーツ王』(1949年、監督:川島雄三
  • 白痴』(1951年、監督:黒澤明
  • 『三百六十五代目の親分』(1952年、監督:秋山耕作)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 『日本映画人名事典』、p878。
  2. ^ a b c d e f 『日本映画俳優名鑑 昭和九年版』、p68。
  3. ^ 若旦那 春爛漫 - 日本映画データベース、2012年9月9日閲覧。
  4. ^ a b c 『日本映画人名事典』、p879。

参考文献[編集]

  • 『日本映画人名事典 男優篇・下巻』(キネマ旬報社、1996年)p878 - 879の「横山準」の項を参照。執筆者は清水晶。